ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

踊るダメ人間日記

8月8日、水曜日。今日、見えない力に引かれるようにCDショップに寄ったら、偶然にもZONEのニューシングルが発売されていた。ZONEは聞いて楽しむものではなく、見て楽しむのがボクのモットーなので、もちろんCDを買う気なんかなかったのだが、よく見てみると「先着で握手会参加券を配布」と書いてあるではないか。これは見て楽しめる、しかも握手ということになれば、本当に弾いてるか弾いてないか、手を触った時にわかるかもしれない。西川さんも早く買いに行かないと、参加券がなくなりますよ。


エビスマン


8月8日、水曜日。今日、ボクのおばあちゃんの背中にセミがついていた。すごくいい鳴き声ではありました。でも、ずっと家の中にいたのに、どうして背中にセミがついているんだ?


ムカイ


8月8日、水曜日。西川さん、聞いてください。ボクここ1週間、1回もパンツを洗ってません。もう腐ったいなり寿司みたいなニオイがぷんぷんするのですが、ここまで来たらボクは、パンツを絶対に洗わない方向で行こうと思っています。そこで西川さん、ボクに応援メッセージを下さい。「お前なら出来る!どんなことがあってもパンツを洗うんじゃない!負けるな!」とボクを励まして下さい。お願いします。最後にZARD「負けないで」をお願いします。


シオンJr.


8月6日、月曜日。この年、19歳になって両親のまぐわいを目撃してしまった…。 
P.S.落ち込んだりもしたけど、私は元気です。


ジェニュイン


8月9日、木曜日。コップ一杯分のへちま水をチンコにぶっかけてみる。へちま水はお肌をすべすべにしてくれるらしいのだが、その兆候は全く見られず、ぶつぶつがめちゃめちゃ出てくるだけ。くそぅ、今度はアロエヨーグルトですべすべになってやる!


本多平八


8月4日、土曜日。今日、鳥人間コンテストをTVで放送していた。ボクは優勝チームより2位のチームが気になった。え?「TOYOTA人力飛行機研究会」って何?人力飛行機って鳥人間コンテスト以外、何に使うの?ジャスコからイトーヨーカドーまで人力飛行機で移動するおばあちゃんいる?デビ夫人だってそんなことしないよねぇ。人力飛行機なんてWhiteberryのドラムとボーカルくらいいらないよ。西川さんもそう思いますよね。


小さな巨人



まる得ネットサーフィン



この度、電波少年のごとく海外へ連れ去られ、めでたく2代目兼高かおるを襲名された西川貴教さんのオフィシャルホームページが完成いたしました。西川さんといえば日本では、風船おじさんの次に旅行が好きなことで有名です。すでに今後も月1のペースで海外旅行に行くことが決定しております。8月はナイアガラの滝で流しそうめん。9月は万里の長城でボウリング。10月はインドで篠原ともえとユニットデビュー等と新しい企画が目白押しです。


エビスマン



落語の歴史。日本のお笑いの原点といえば落語。このサイトでは、そんな落語の長い歴史の中に現れた天才たちを紹介していこうと思います。
(1) 三遊亭関節痛。昭和初期に活躍した落語家。現在ではすっかりスタンダードになった演目「柔和な母親が姑だけに見せる厳しい目つき」や「こんなことになるんだったら、ミラーボール星出身って言うじゃなかった」などを作った落語家。また、収入のほとんどを賽銭泥棒に費やすほどの、賽銭泥棒マニアとしても有名。
(2) 桂モーターヘッド。師匠の桂鈍痛に弟子入りする際に、火のついただんじりで師匠の近くに突っ込んだり、新弟子のくせに、師匠の子供にコブラツイストを決めたりというエピソードで、落語界に革命を起こした落語家。彼がジャーマンメタルに傾倒していたときに作った「説教強盗と角番大関」は、老人と性の問題を取り扱った問題作として有名。また、文珍のセスナを日本一撃墜した、撃墜王としても有名。


すてきなバカ24歳



ZONE公認ホームページ「骨折りZONEのくたびれもうけ」へようこそ!このサイトは、デビュー半年にしてすでに大物ロックバンド並のエピソードを持ちあわせていることで有名なZONEを、斜め45度からサポートしていくホームページだよ。ではここでもう一度、ZONEの大物ぶりをおさらいしておきましょう。1:演奏中にエレキのジャックからケーブルが抜けたって気にしない。2:あぐらをかいたり、ひじをついて寝そべったり、すべてがホームパーティ感覚。3:全員が演奏を止めて手拍子、でも音は鳴る。さぁみんなも同じ北海道出身で、少しルックスがほろ苦いバンドに負けないように、ZONEを応援してあげようね。


エビスマン



LIVEレポート。ボクは8月11日に西武ドームで行なわれた、吠える鉄人DNA・渡辺美里さんのLIVE「misato watanabe EXPO・まだまだ行くやろ西武ドーム・地獄絵図2001」に行ってきました。今年で16回目となる地獄LIVEを1回目からずっと見続けてきたボクですが、回を重ねる度にシュールに、カオスになっていく美里には本当に心奪われてしまっていて、毎年大満足でしたが、今年はいつもの美里と少し様子が違いました。1曲目のマリオネットのイントロが流れると、美里はパラシュートで上空から登場。もちろん全裸で、美里ファンにはおなじみの膣からマイクを取り出すというパフォーマンスを披露。その後も、リリーフカーを燃やしたり、オーロラビジョンに佐野元春のマラを映したり、客席に向けてハンマーを投げたり、バックネットによじ登ったり、たまに歌ってみたり、みなかったりと最高の渡辺美里を見せてくれました。


シルエイティ


人気ブログランキング