ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

西川貴教=a.b.sっぽくなりつつある中、T.M.Revolutionのアルバムレビュー。



restoration LEVEL→3

restoration LEVEL→3



ANNも始まり、「10円玉、5円玉」「巨乳でっす!」などとメディアの露出も増えて、
上昇気流に乗り始めたT.M.Revolution
ぼく個人の話になりますが、独裁でTMを知ってちゃんと認識したのが大体この当時かな。
ま、同じような人が多いでしょう。今、現在もファンをやっている方ならば特にねw
るろ剣やHEY×3を始めとした音楽番組は中学、高校生にとっちゃ自然な形で触れるものだったし。今以上に。
ヴィジュアル系全盛でやれグレイだラルクルナシーだって中にヴィジュアル系な匂いはあるけど、
トークも出来てくだけた人のようで歌がうまいしかっこいいっていう違う方向を向いている人がいるとそりゃ目が向きますわな。



■いいつなぎ。


ファーストが暗いだの胡散臭いだのと書きましたが、
セカンドには雰囲気は残っているものの、ややポップに明るくなっています。
ヒットソングや歌謡曲の基準は人それぞれだと思うのでどう定義していいか難しいですが、
自分の感覚から言えばそれらのライン、ウケる曲という定義には明らかに沿い始めていますね。
ロック歌謡的といえばいいのかな。
剣心という1つの代表曲がここで出来た訳だけど、全盛期の大爆発の布石もちゃんと用意されてるように思える。
つーか、ファースト同様いい曲多いし、今のロックテイストとハイトーンボイスにぴったりな曲ばっかりなんだよな。
西川さん、ファーストも併せてカバーしろよ、オラァ!
取り乱しました。すみません。



■3曲



・Tomorrow Meets Resistance


最初のT・M・R曲ですね。
いい意味でどこか距離感を感じる世界観の曲が多い中にこの身近に感じられる応援歌はぐっと来るでしょ。
後ろ向きな人が前向いて歌ってるのもまたねw
曲調といいキラキラ全盛期の布石が感じられるハートフルな名曲。
心境によるけどライマイやられるよりこっち歌われたら泣くかもね。ライブで。



・IMITATION CRIME


TMっぽさを思い浮かべるとシングル曲が浮かぶかもしれませんが、
自分はこれですね。
ダメ要素+ロック+ディスコ+歌謡とTMの良さがきっちり詰まってると思います。



・SHAKIN' LOVE '97〜LIVE REVOLUTION〜


ファンならあんた、これは外せないでしょ。
何度もライブで「飛べ!」と言われて、いい加減にしてくれと思ったこと数知れずw
話が反れましたねw
ライブを意識して作られた曲だとは思うんですけど、
当然のようにライブでもしっくり来るし、音源としても非常にポップで上がる。
ベスト5には上がらないだろうけどベスト10には確実に入るような安心感が凄い。
あ、ファンだからそう思うだけかもしれないですけどねw
でも、片足突っ込んじゃえば本当にこの曲は外せない。


剣心ありきのようなアルバムではありますが、語るまでもないのであえて外しましたw
とはいえDYNAMITE PASSIONも翳りもいいんだよな。
なんか書いてて曲に関しての細かい解説がないなと思いましたが、
専門的なことはあまり詳しくないので自分の印象(特にファンとして)を書いています。
だから、完全ファン向けレビューですね、これw
てか、ファン以外読む可能性が少ないか。


人気ブログランキング