ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク


THE FORCE

THE FORCE



■ピーク。


前作の成功でアイドルポップ路線は終着駅に着いてしまったものの、
お茶の間でも割と認識されて、セールスもまだま好調。
ということでさながら折り返し運転。
おまけにしっかり車内清掃されてるような電車とでも言いましょうかw
前作より洗練されて取っ付きやすさは上がってはいます。
完成度も高い。
ただ高いんだけど統一感があり過ぎてたり、洗練されて垢抜けてしまった分、
TMの味である都会感、胡散くさ、ダークなダメっぽさがやや薄くなっちゃってる。
西川さんが突然今日から西川くんって呼んで下さいみたいなw



■3曲



WILD RUSH (Album mix)


ようやく4枚目にしてシングル曲w
まあ、なるべくアルバムの曲を取り上げたいなと思っているのですいませんが。
封印前の区切りのシングルであり、これまでの路線の終止符を打った意味合いもありますね。
衣装にしても、振り付けにしても、PVにしても、一番かわいさとかアイドルっぽさがあったように思うし。
盛り込めるものを盛り込んだように思います。
前の2枚のシングルはそれらとは少し離れた奇抜さがありましたけど、
3年最後の文化祭みたいなはっちゃけ感があったw
世間もその匂いを嗅ぎ取ったのか、緩やかにここから売り上げが落ちましたけどそれは仕方ないですねw
本人や周りも自覚してたようには思えるしw
となんか悲しい話を書き連ねたように思いますが、
アルバムのアレンジはなかなか骨太でドラムが効いててシングルよりいいなと思います。




・AQUALOVERS〜DEEP into the night (Album mix)


当時ANNで「水中でセクロスしてる感じ」と表した曲ですねw
かわいい子供だったぼくには衝撃的でしたw
エロいのになんで人気あんだ?と思ってましたよw
どちらかといえば性的なテーマは割と遠回しに表現してきたように思いますけど、
これには関してはなかなかの直球な感じがw
大体、アルバムって提示してある1つの世界やコンセプトに沿ってあっても、
それまでのアルバムの世界を引き摺ってきてる、匂いを感じるような曲がありますがこれが一番感じる。



・とっておきのおはなし〜新説恋愛進化論


はっきり言っちゃうとこの曲だけ聴けば、アルバムや当時の路線が掴めるんじゃないかっていう曲ですw
他の曲聴かなくてもいいくらいw
タイトルからすでに掴めそうにありますけど、冒頭のシンセの入り方とかいかにもねw
ちょっとバカにした感じですいませんが、そういう作りこんだものの究極形の1つなので。
隙がないんですよ。

ジャンゴーが陽ならこちらは陰のアイドルTM曲。
あ、なんかしんないけどアルバムのジャケットの2枚絵とうまいこと被りましたねw
曲の話に戻れば、浅倉さんのデジタルサウンドと当時の路線とクリアになってきた西川さんの声がマッチしてていいんだ、これが。
ただ、今セルフカバーしたら、どんな曲になるか超興味ありますw
ベースとドラムがバスバス響く曲だったらどうしようw



本人の思っている以上にアイドル的、イロモノ的な要素が膨らんでしまってそればかりが注目されてた、この時期。
徹底的にそれをやり続けたり、軸はそういうものでもいろいろなアプローチをするなど選択肢はあるとは思いますが、
手垢の付いてない新人ではなく、西川さんは元々は志を持っていて、それなりにキャリアのある人。
ゴールが見えてくるとやりたいことが湧いてくるものだと思います。
それが今後厄介になってく訳ですが、器用に立ち回らず不器用なんですよね。西川さんw
それが魅力でもあるし、凄くシンパシーを感じるところでもありますけど。
じゃなきゃこんな若返ってくロック歌手のおっさん好きになりませんからw


着こなしたイメージが定着してしまった服を一旦脱いで、
どうまた着て見せていくのか。
今、多分、ファンで言う人はほとんどいない気がしますが、「封印」に入ってくとw


で、次回なんですが、TMとしてカウントするのは変な感じがする方もいると思いますけど、
ぼくはTMの活動として、しかも重要と見ているのでSuite Seasonを取り上げます。


人気ブログランキング