ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

Suite Season

Suite Season



■壊した上で築いたもの



封印、結婚、俳優活動、などなど、
TMRという以外の活動も活発になる中で立ち上がった、 the end of genesis T.M.R.evolution turbo type D
こう来たか!と今なら思えますが、封印という提示に多くのファンが篩いに掛けられた中、
さらに篩いにかけんのかよ!と思った方も少なくないでしょうw
今もこの頃からファンの方であれば、あんなこともあったねーなんて言えますが、
当時はファンの中では賛否があって、西川派、浅倉派、どっちでもいい派に別れたように思いますw
西川派以外の方へ向いて行ったファンへ向けて、代わりと言っては失礼かもしれませんが、
DAファミリーの活動も活発化したり、TMRの近辺は混沌とし出しますw


話を戻しましょうか。
さて、TMR-eなんですけど、音源はシングル3枚、アルバム1枚。
期間限定ユニット感は強いですね。
どういう意図があったのかは記憶してないんですが、恐らくは長く続ける気は無かったんでしょう。
TMRという作られたイメージを持ってる人へ向けてその方向から反らす、
または持ってるイメージを壊すような役回りをした感はあります。


とはいえ、TMRという名は入ってる訳で、TMRが親会社だとすればTMR-eはさながら子会社的。
匂いは感じ取れるし、親会社が出来ないこと、出来なくなってしまったことをやっているように見えます。
また、これまで以上に浅倉さんがプロジェクトに参加している印象が強いし、
(メディアに登場する際はつねに隣にいたりねw)
浅倉さん自身が本格的に自分の表現したい、実験したい世界の中に西川さんが居て、
浅倉さんが出し切れないこと、表現しきれないことを西川さんが担当している感覚がとても強い。
どちらかといえばTMRの前のexpd西川貴教の頃との関係性に近いですね。


西川さんの中でどういう位置づけなのかはわからないですよ。
黒歴史なのかもしれないでしょうw
でも、ここで今までのを壊して、一時的に築いたTMR-eはそれまでとこの先を繋ぐ意味でも、
今にも繋がってる重要な活動じゃなかったかと思う。
明らかにこの辺りから私生活も影響はあるにしても歌声に深みが増した。


どういう枠に収めていいか判断は難しいけど、
成功というフォルダに入れて、何かの枠に入れることは出来ると思う。



■3曲



・はじまる波


アルバムの収録曲がインスト、シングルを除くとこれと風のゆくえしかなく、
アルバム曲を基本選びたいと思ってるので必然的にを選ぶしかないw
とは言っても良い曲です。
全体的に儚い!切ない!丸出しの曲が並ぶ中で若干明るさが感じられる曲。
落ち着いた優しさがあるというかね。




・陽炎


シングル3部作のトップバッター。
冒頭の歌詞「季節は僕らを近づけて・・・いつかの陽炎・・・」が、
これまでの活動を振り返りつつ、こういう経緯に至ったんだよと言ってるようですねw
タイトルにしてもそうですがw
衣装にしてもこれまでのものを理解しながらやや皮肉ってるようにも取れる。
だからか、これまでとは若干毛色が違いますね。
デジタル色やピアノなど浅倉色が色濃いのも特徴的。



・風のゆくえ


TMRの曲とカウント出来るなら自分の中ではベスト3に入る名バラード。
気分によっては1番かもしんない。
イントロからもうやられますね。ピアノの音が凄く利いているし、西川さんの声の伸びが心地良い。
歌詞も切なさ全快ではあるんだけど、なんだかこれまでの活動を振り返って総括してる雰囲気もある。
だからか、実質これがアイドル期、自分の中では第1期の終焉を告げた曲だと思ってます。
送別会でもらう花束みたいな。



楽曲は多くは無くとも本当どれも良曲ですし、
カバーする機会があるなら是非して欲しいとずっと思ってる訳なんですが、どうなのかな。
FCイベントなんかではやったみたいですけどね。


さて、封印を解き、元々、強度は割かししっかりしてる土台にまた何かを築く作業を開始し始める時期へ入ります。
試行錯誤しながら、何が良いのか悪いのかと西川さんもファンも迷い始める時期でもある。


後、残すはベスト盤なんかを外すともうそんなにないですね。
最後までお付き合い頂ければと思います。
なんだか、連日、長々とすいません。
読んで下さってる方、ありがとうございます。


人気ブログランキング