ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

プログレ

終盤に入ってきましたが、ここで再度このレビューの方針について。
・レビューというよりはアルバムを肴にこれまでのTMRの活動を振り返って語ってるという感じが強いかもしれません。
・文献やデータはあえて見てません。めんどくさいのもありますがw
・なので、間違ってる部分も多々あるもしれません。当時や今の印象を一ファンが語ってると思って下さい。


それとイヤカン、リアカンとあるので何かファンの方に引っ掛かったらなあと思って書いています。



■進化


progress

progress



封印を解除し新生TMRが始動。
ここからやや初期の世界観が若干戻ってきた?と思わせつつ、
いろいろな世界を構築して、それらを壊し、
そこで拾った破片をまとって出来上がったかのようにTMRというものいろんな材質で出来上がった建物のように無国籍感が強くなった。
またここから少しずつ、西川貴教という人の自我が徐々にTMRに染み始めましたね。
浅倉さんの影が少し見えなくなったような気がします。



■3曲



・I.D.〜LOVE ME CRAZY〜


これまでの流れを汲んだ上でその当時の進化した部分も詰め込まれた新旧共演的な曲。
ファーストやセカンドの曲っぽさがあるんですよね。
デジロックテイスト溢れてて、ややダメさ加減もあるw
また歌詞といいタイトルといい曲順といい、
ファンに対して「まだあなたはTMRというサイトに接続するIDを持ってますか?」と聞いてる感じがして、
ああ、TMRってこういうもんか、もんだなって考える意味合いもあると思う。


・VITAL BURNER


TM的にも西川的にもファン的にも重要な曲ではないでしょうか。
「枠を破ればいい。」と歌詞にありますが、
様々な制約だったり、作られたイメージだったり、枠というものの中で活動してきた西川さんだからこそ、歌うと説得力ありますよね。
ま、ファンとしても、例えば「まだ西川好きなの?w」とか決められた枠の上で外の人に語られたりとか、
誰もが仕事だとか恋愛だとか個人的な枠というものに悩んだりしてる訳で。
決して一方通行的でない誰しも共感出来るテーマな上にアップテンポで早い展開のこの歌は痛快に響いてくる。
また、活動は別としても持っていたい志は西川さん、ロッカーなんだな、やっぱりと思えます。



・Master Feel Sad


本人の自我が見え隠れしながらも、TMが本格的にベタなハードロックやってますよ!という、
バラエティ的なスタンスの曲。
このアルバムはこれまであった曲の統一感が無い分、いろいろな個性を見せて成り立たせていますが、
そう強く感じさせるのは間違いなくこの曲の存在かと思います。
歌い方といい、曲調といい、なんだかいろんなバンドやアーティストへの皮肉なのか、
またはオマージュなのかよくわからないカオス感もあるのがいいなw



明らかにこれまでと違うアルバム。
これを聴いて違和感を感じた方もいるかもしれないですが、
確実にこれまでと違う方へ進んでる。


ぼく個人としては現在出てるアルバムの中では一番の傑作だと思ってます。
もちろんそれぞれのアルバムの良さはあって好きなんですが、
T.M.Revolutionというものが持ってるもの全てがこれに詰まってると言っても過言じゃないんですよね。
バラエティに富んでて、飽きないんだよなあ。
人に貸すとか布教活動するのであれば、これはとりあえず外せませんw



さ、このアルバムを出してからTMRはまあ、迷走期に入るんですよね。



今日はこれまでと比べて短いかもしれないですが、これまでが長かったですよねw
すいません。
残すはもうそんなにないですね。サクサク行きます。


人気ブログランキング