ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

ビーサイイベント@西川


イベント自体にはポッドキャストで使うと言ってたので触れませんが、
西川さんが出た所だけはイレギュラーな形だったと思うのでレポします。



1時半過ぎ、それまでのコーナーが一旦止まって、会場のスクリーンにある人のアー写のシルエット。(て、表現でいいのかな。)
BGMはMID-NITE WARRIORS!!!


石川「ここからちょっと著作権に関係のある人が来ますんで撮影とか辞めてください。
(このイベント、石川さん達を撮影するのはOKだったので」


石川「今日の為に駆けつけてくれました!西川貴教くんです!」


西川「どうもー!」


石川「こないだ王様のブランチ出てたよね?谷原さんとかと。」


西川「そう。優香ももう29か・・・って!何言わすんじゃ!ブランチ大好き!」


(仕事し過ぎ大丈夫みたいな流れになり、)


石川「意外とお肌荒れてるよ?」


(番組やイベントについての流れ)


西川「俺がお世話してやってる!私がクライアントとしてね・・・(こんなに続くと思わなかったようなことを言った後、)」


石川「オメーがやれっつったんだろ!(笑)」


西川「こんな続くとはねー・・・」


石川「お前らがつないどかなくてどうすんだ!オメーがやれって!(笑)」


(野郎ライブの話になり)


西川「あんだけ・・・野郎のふぐりをね・・・揉んできた。」


(西川さん会場を見回し)


西川「こんなイベントに来てる女の子大丈夫?帰りなよー(笑)」


石川さん達「(笑)」


石川「(近所なんだから帰れみたいなこと言うな的なことを言った後)世田谷じゃないんだから!」


西川「世田谷(笑)」


(お互い地名を言い合い)


西川千歳船橋。あたし船橋なんです。えっ?千葉のじゃなくて世田谷の・・・」


西川「・・・・・こんな暗いところでイベントやって!」


(いや、そんな西川くんのですね、今年はイナズマロックフェスに物販で参加させてもらいまして・・・どうでした?イナズマ?といった流れ)


西川「千葉、滋賀、佐賀、ないがしろにされてる。・・・儲かったんだって?」


石川「○○万!」


西川「すぐ金の話するでしょ?」


石川「次どうすんの?第2回に出店したい。」


西川「(そう簡単に言ってもねーみたいなことを言った後)二度とくんなと言われるタイプなんですよ。」


石川「(そんな感じですよねといった返し)


西川「でも、あっりがたいことにイナズマはね、もっとやってくれないかと言われたりね。」


(突然、西川さんが石川さんをじっと見て)


西川「お前、だんだん変になってる。(笑)」


石川「4日ぐらい寝てないんだよ!」


西川「(イナフェス)続けたいけど大変な訳!見えたら報告します!」


(少し落ち着いて)


西川「あれから4、5年も経つ訳じゃん!」


石川「大丈夫なんですか?カラダ?心配よー」


西川「今年は動く年にしようと思ってた。なんとかなるもんよ。」


石川「働かされる猿回しの猿みたいな。(笑)」


西川「んー、イナフェス終わってから地獄・・・(ヨーロッパツアー、キャンペーン、Vロック等々のスケジュールを語り出す)


西川「(ヨーロッパツアーはどうだったと聞かれて)ヨーロッパではヘビメタのカテゴリーに入ってた。
ラウドネス以来の衝撃!って言われたり。(笑)」


石川「(そういうのじゃないでしょ?どちらかといえばヴィジュアル系じゃないあなた?といった返し)」


西川「(向こうじゃどう当てはめていいのかわからなかったみたい。日本でもそんな感じみたいな返し)」


西川「どこがヴィジュアル系って言われるの。若い子達に。」


石川「(最近ヴィジュアル系の若い子達と仕事する話をして、こないだのLFのVロックイベントの話へ)」


西川「この間もイベント終わりでナイトメアの柩からメールが来るのよ。(しょっちゅうって言ってたかな?)」


石川「(ホント、あの子好きみたいだなーみたいな返し)」


西川「(そういう上の立場になってることに触れて)中堅、ベテランと呼ばれるのが嫌だからバンド始めたのに・・・」


(落ち着いて、2人のトークを見ていたあの人が)



ホンマ「西川さんと石川さんの関係は特殊!」


(それにしてもあなた来年40でしょ?という流れ)


石川「あなたうんこするんですか?」


西川「しない。俺は体からゼリーが出る。」


石川「あなた、まだそんなこと言うの?(笑)」


(出会ってから13年。有楽町の中華料理屋で加藤さんと会ってさ〜とANNを始めた時の話へ)


石川「当時〜、(西川さんを見て)26で俺が22。その人が40になるなんて信じられない。」


(元旦やるんでしょ?という流れ)


西川「国際フォーラムは迷惑と言われた。(笑)」


西川「(会場が揺れて、中間のVIP席にいるお偉いさんが反動でたゆんたゆんに弾んでるといったようなことを言う。)」


西川「やらない訳にはいかないから。武道館。」


石川「でも、その前に藤井フミヤさんやってるでしょ?大丈夫なの?」


西川「(フミヤさんのステージをほぼそのまま上乗せする形で使うとか。)」


西川「31日はメニューが違います。」


(スケジュールの話)


西川「(武道館の後)三が日は海外。・・・ミュージカルの稽古・・・」


石川「・・・おもしろ記者会見見たよ。(笑)」


石川「(スケジュールを振り返って)大丈夫?」


西川「ありがたい話ですよ。やることがあるって。」


(お互い結婚しないのかという流れ)


西川「皆が俺のハズバンド!地球と恋しちゃった。ガイアと恋した!」


(いろいろ心配されるみたいな流れ)


西川「たまに某動画を見る訳。そこでアニメ好きとか言われる。(西川そんなんで大丈夫?的なニュアンスで言ってたかな?)単なる趣味な訳!」


西川「(趣味だし、仕事で関わってるのも好きだから的なことを言った後)台本とかもらって、こうなるのか〜とか、関わって、DVDとか貰えるのよ!完璧じゃん!」


西川「(いかにアニメのDVDが高いか語り出す。コメンタリーとか特典増やすより収録話数を増やしてくれ!といったことをシャウト)」


石川アニメイトとか行くの?」


西川アニメイトは地方で行ってる。(うっかり同人コーナーに行ったら気まずいと語り出す)」


西川「東京は〜渋谷にあったでしょ?あそこは2回くらい・・もっとか。」


石川「(行ったら気付かれるんじゃないの?どういう格好で?的なフリ)」


西川「(気付かれるてるかもなといった話をした後)普段着で行くよ。」


西川「なかなか行けないからさー、量が・・・TUTAYAにあるのとかお呼びじゃない!」


西川ブラックラグーンとかやりたかったよ!(主題歌のことらしい)」


西川「アニメに対してうがった見方するヤツ!ほっといてくれ!」


ガンダムのCMの話になり)


西川ガンダムのCMの監督がヘビーリスナーでさ。
(あの絵を描くカットが終わる度に仕切りで囲まれた場所に入るらしく、そこで監督と一対一になるそうで)
聞かれるのよ。ハガキ職人の広末教信者は・・・お野菜クイズは・・・
実際によっぴーはタックルされたんですか?」


(そこからアニメについてマシンガンのように語り出す。石川さんのツッコミを楽しんでたんだと思いますが、
あまりにも細か過ぎて書き切れなかったのでざっくりとですが。)


ヘタリアがOA中止になった件について。3期について。
・MAD映像が多過ぎて本編が見たくても辿り着けない。
涼宮ハルヒについて。
ランティスがうんたらかんたら。(仕事欲しいってことだったかな?)
平野綾は前から見ても後ろから見ても体型が変わらない的なこと。
・デジタル事情もっと良くなって。地方のUHF局のアニメをもっと見たい。


石川「お仕事なんだっけ?」


西川「アニメの主題歌を主にやっています!」


西川「あまりにもアニメに寄りすぎると「アニキ」と呼ばれるスタンスが変わる。(笑)」


西川「(この間某イベントにて)とある方に頑張ってるねーと言われた。俺、後継者じゃない。(笑)」


石川「予定では15分だったんだけど1時間も喋りやがって。(笑)もう2時ですよ。」


西川「出来るねー(まだまだ喋れるぜといった感じ)」

(最後に仕事について)


西川「(ガンダム絡みの何か)来年もまた野郎やるんで!良かったら。」


石川西川貴教くんでしたー!」

(西川さんが去ってから少し経って)


石川「(西川さんの)入りが0時半で・・・ホンマが西川が残したたこ焼きパクついてた。(笑)」


石川「あんだけ喋って心に残ること何一つ言ってなかったでしょ?(笑)」


それから2時間半程経ち、イベント終了前。


石川「(西川さんが来たことについて触れて)お前らへのレイブだった訳よ。(笑)」


このポッドキャストが始まったのは西川さんとの繋がりがきっかけだったことを結構強調してたように思います。
もちろん、石川さん達がやってる番組だったり、ビーサイからの方も大事にしてるとは思うんですけど。
置き去りにしなのいように、且つ西川さんに失礼のないように、石川さんだったと思うんですが、
「西川くん見る初めてってやつもいるでしょ?良かったらね・・・この機会に。」
気を配ってたのが印象的だったかな。
西川さんも過剰にアピールしないで関係性が出来てるからこそのけなし方をしてたり、微笑ましかった。(笑)


ホンマさんが特殊といったように2人の関係性は本当に変わってる。
兄弟でもガチ友達でもないのに抜群のコンビネーションがあって。
盟友だったり、戦友という表現が一番しっくり来るんだろう。


またラジオをやりたいといったニュアンスの話をしてたり、ANNはある意味での区切りでしか無く続いてるのかな。
器に収まらなくなっただけでただ彷徨ってる状態。


見る側なのか参加する側なのかわからないけど、自分もそれに触れられる立場にいたい。


(ぶるんさんとホンマさん。特にぶるんさんのコメントが全然拾えなかったな。
西川さんがツッコんでしゅんとするパターンが多かったんですが、速過ぎて、速過ぎて・・・)


人気ブログランキング