ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

月間Melodix!

トーク部分が面白かったので全拾い。
テレ東の番組なので見れない方もいるんでしょうか?
月イチ番組で司会は南海キャンディーズのお2人。
トークパートと歌パートがあって、なかなか面白いんですよ。この番組。
アルバムのプロモで出る番組の中では一番期待してましたw




山里「続いてのゲストはabingdon boys schoolさんでーす!」


4人「よろしくおねがいしまーす。」


山里「なぜでしょうね?自然とこう、西川さんだけ一瞬兄さんって呼んでしまいそうになる。この風格は。」w


西川「ぼくもだから会ったことのない、吉本の芸人さんから大体兄さん扱い。」


西川「もうみたいなw



アルバムリリースの映像挟んで欧州ツアーで感じた文化の違いは?というナレーションのフリがあり、



西川「あの、いわゆる、こう、I loveyou的なやつが、お国柄がやっぱ出てて、
いわゆる、こうJet'aime的な。」


山里「おおー言い方がね。」


西川「ドイツだとwir lieben euch!みたいな。これ愛してるって言ってんの?みたいなw」


山里「なんか伝わりにくい!wir lieben euch!」


西川「wir lieben euch!みたいな。これで合ってんのかな?みたいなw楽しかったですよね。」


山里「楽しそうですね〜」


山里「師匠!」



普通にトークライブとかラジオの冒頭で話せることですもんね。
今、ANN的な形で1人で喋れるラジオがあるならホント話せることいっぱいあると思うw


西川「すでにねw」


山里「ただこれ問題ですよ!」


山里「今もう出てんの!この現状に!」


西川「何が?」


山里「兄さんしか喋ってないのよ!」


西川「そうね〜そう言われるとほんと申し訳ないんですよね〜」



ここでメンバー全員凄いのに西川さんばかり目立ってもったいないというテロップとナレーションw
ということで企画。



山里「abingdon boys schoolのナイト伝説〜!」



新曲From Dusk Till Dawn=夕暮れから夜明けまでという意味にちなんで、
西川さん以外の3人のナイト伝説を西川さんが紹介するという企画。



まずは柴さん。



山里「学生の飲み会のエピソードですよ!」w


ツアー先のホテルの部屋でお酒を飲んで酔っ払って先に寝てしまった柴さん。
すると翌朝異変が!?


西川「ちょっと様子がおかしいんですよ。歩き方がぎこちないというか。何やら不思議な感じで。」


西川「どうしたの?って言ったら半分だけ毛がないんですよ。」


柴崎「左足だけ無かった」w


山里「それはいつ気付いたんですか?柴崎さん?」


柴崎「それはね、翌日の夜ぐらいですかね。」


山里「長いこと気づかなかったなー!」


西川「こういう人なんです!伝説でしょ!w」


西川「毛を剃られたことを翌夜に気付く!」



次はSUNAOさん。




山里「あの、2連続でアルコールを感じる。」w



ツアー先の沖縄で開放的になり飲めないお酒を飲みすぎたSUNAOさん。
しかし、そのせいで恥ずかしい姿に!?



西川「普段、あんまり飲まないんですけど、すげー燃費いいんですよ。」


西川「もう、ホントに。ビールなんて、このね、1ショットで、どこでもいけるぐらいの。」


山里「それはもう未来の車ですよ!」w


西川デロリアンぐらい凄い!」


西川「そんな状態なのにパカパカ気持ち良く飲んじゃって、で、沖縄の開放感もあって、で、一人でどっか行っちゃったみたいなんですよ。」


西川「で、見つかったのがホテルのお風呂にこう、カーテン、ビニールのカーテンがあって、
   ざっと開けたら、この大きな体が浴槽いっぱいに入った状態で、
   全裸でこう(股間の部分を抑える西川さん)ここだけをこうやって抑えて、HOTLIMIT〜!」


SUNAO「真夏だったのに寒くて、なぜか・・・」


西川「急性アルコール中毒!」w


山里「危ない状態でしたね!」


SUNAO「危ない状態でした!」w


SUNAO「それで、寒いからあったかいシャワーで浴槽にこう浸かってたんですよ。」


SUNAO「そしたら、あっ、バンドマネージャーとか心配で、」


西川「心配だよ・・・(ぼそっと)


SUNAO「大丈夫?って来てくれた時に大丈夫だよ〜!っていう気持ちを込めた。(HOTLIMITに)」w


山里「それ汲み取るの難しいなあ〜」



最後は岸さん。





山里「ストレート、160キロを投げてきたね!パシーっと。」


西川「スーパー高校級!」


欧州ツアーにて。
フィンランドヘルシンキでライブを終え、スタッフさん達と飲みに出かけた岸さん。
しかし、

西川「せっかく皆で行ったのに、岸さんだけカウンターで、その、輪には加わらずにヘルシンキの女性をひたすら口説いてたw」


山里「ナイトだなあ〜」



山里「なるほど。語学留学!」


駅前留学ですから。」


山里「駅前留学ヘルシンキ校!」


ヘルシンキ留学!」


山里「今それ


「ダ、ダメですか?それ?」w



ちなみにしずちゃんがこの3人の中のエピソードで一番ヒットしたのは?



しずちゃんSUNAOさんのHOTLIMIT!」


SUNAO「ありがとうございます!」


山里「SUNAOさんのHOTLIMIT!」


しずちゃん「やっぱりね、あのーすごく想像しましてね。」


SUNAO「全裸?全裸を?姿をね?」


ここでしずちゃんからSUNAOさんへプレゼント。


しずちゃん「一晩、私がHOTLIMIT!させて頂こうと・・・」


山里「忘れちゃいけないのはHOTLIMITってすげーいい曲だからね。」w


山里さん、ありがとうw


山里「HOTLIMITはギャグじゃないですよね。」


西川「全裸になって股間を隠すことをHOTLIMITって言うんじゃないかっていうね、恐れが今!」


山里「違います!」


山里「西川さん。一人一人ね〜、武器強過ぎますよ。」


西川「ほんとに?」


山里「ちょっとイメージが変わりましたもん。」


山里「それがま、皆さんにとって良いか悪いかわかりませんけども。」



山里「次もう一回来てもらう時は結構な確立でタメ語は入りますけども!」


西川「それはもうね。仕方ない。」


西川「だって。


山里「金髪のね!」


西川「あの時の!」


山里「ヘルシンキから!」


曲はFrom Dusk Till Dawnでした。
ライブは気になるとこなしw


期待してた通り、いや期待以上だったかも。
山里さんの返しや言葉のチョイスが言葉遊び好きの西川さんを刺激してポンポン弾んでましたね。
絶対相性良いと思ってたので嬉しかったw


SUNAOさん、柴さん、岸さんもちゃんと光ってて良かったなあ。
この番組、何気に南キャンの2人の役割やキャラも生きてるし、トークとライブのメリハリもしっかりしてて良い番組。



【スポンサーリンク】



人気ブログランキング