ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

lakers

リアカン、元旦と行ってないので初めて耳に入れたっす。
どっぷりa.b.s付けだった耳には新鮮にも聴こえて、懐かしくも聴こえる不思議な感覚。
デジタルな音が生み出すタタタってリズムが「ああ、浅倉さんの作った曲だ!」って感じます。


タイアップソングだから時期やいろいろなことを考慮して作られたんだろうと思うからか、
春っぽいし、軽快な感じでa.b.sにしても他の音源化されてない2曲と比べても、
明確な違いや色を感じますね。
最初のイントロを聴いた時、なんかPied Piperぽいなんて思ったんですけどw
あの曲のようななまめかしさはないんで勝手に勘違いw


あとはなんだろう。
初期の匂いやプログレ辺りの匂いも感じるなあ。
ここ最近のTMだと割とコアである西川貴教に沿った形の曲やコンセプトでやってたと思うけど、
そのラインから一旦外れてTMありきで作られたような気がする。
他の音源化してない2曲にしても原点回帰というか、バーチカとは違う初期型の匂いがするし、
a.b.sというものがあるから、よりプロジェクトとしてのT.M.Revolutionというものをやろうというの感じるんですけども。
バーチカ、アンカバがTMという鎧を脱いで、西川貴教の肉体改造だったとするならば、
しっかり肉体改造をされた上でメンテナンスされたTMという鎧を着て歌うってとこかな?
なんか違う気もしますけど。


長いか。
簡潔に言うとあのTMサウンドなのに春っぽくて好きですw


あ、最後に。
配信限定について西川さんはどう思ってるのかな。
エビスマンさんの仮説ですが、ゲームのタイアップのシングルのカップリングで出す予定が、
そのゲームが発売延期になってしまい、マラソンのこともあって、仕方なく配信という形になったんじゃないかと。


昔、何かで「ジャケットも含めてひとつの作品。」って言ってた気がするので、
割と配信という形は否定的?って思ってたんだけど、どうなんでしょう?



【スポンサーリンク】



人気ブログランキング