読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

T.M.R. LIVE REVOLUTION’13 UNDER:COVER 2ツアー NHKホール2日目


ラジオやネットの記事などで映像とかいろいろやりますよ!今回!
的な西川さんの発言が頭にあったので、、
やりたいことを詰め込んでパンパンに膨らんだものをするのかなとぼんやり思っていたけれど、
始まってみれば、やりたいことは確かに詰め込んでるのは感じるが、
スリムでスタイリッシュでキッチリとしていた。


まず、スクリーンで映像がありまして。
その映像のストーリーの解説やこういう内容ですよと伝える役割として演奏があるというように、
映像、曲ひとつ、ひとつにしっかりと意味を持たせて、見せる構成になっている。
それに加えて、サポメンの方々の並び方が、舞台をよく見せる装置として機能したり、
西川さんの動きと映像をリンクさせる流れがあったり、
スクリーンでの映像、ステージでの演奏や動き、
2つのものを通して、1つのライブを味わえる形になっている。贅沢。


いつもの情熱的にお客さんを煽り、
エネルギーを共有しようと迫ってくるような部分も生きてはいるけれど、
その部分よりも、曲を聴かせることに徹底して行こうと振り切っているのか、
やや客席と距離を取って、良い意味で淡々と
サポメンの人達の演奏と西川さんの歌声が展開していく部分が多くて、
新鮮さと凄みがある。


そして、映像。
なかなか難解なストーリーが繰り広げられて、頭を使うが、見ていて楽しいし、
先程も書きましたが、曲が映像の解説、答え、曲への導入としての機能を果たしているので、
すっと曲に入りやすい。いいリンク。いい相乗効果。


耳に目に頭にいろいろとフル稼働させられて、大変だが、
これまで続けたことと、新しいチャレンジがちゃんとステージで同居して生きているのですよ。
たまらない。



2時間近く、言葉らしい言葉を発さず、流れが止まるところも無くて、
ジェットコースターのように続いてくライブ。
抑え気味なのかもしれないが、
数日前に喉を痛めた人とは思えない声とパフォーマンス。
映像で行われていたお話はやや謎を残したものの、終わったのもあって、
シリアス感が頂点に達して、ピリピリ、ヒリヒリしたまま終わるのかと思いきや、
そこはエンターテイナー西川さん。
和ますことも、笑わすことも忘れてはいない。
西川さんが笑わすと言えば、トーク。ライブでトークといえば、MCです。


「改めまして、LIVE Revolutionへようこそ!」


「今回のツアー、20周年へ向けて、想いを受け止めてもらって・・・決意を受け取ってもらおうと。」


「(今回のツアー)人に説明する時、どう説明すればいいのか・・・」


「皆さんもお困りだと思いますw」


「ライブと小芝居〜みたいな〜w・・・ミチコ〜」


「ぼくと映像でお届けする新しい形のオペラだと思って下さい!」


「デビュー前にこのステージ(NHKホール)で歌わせてもらって・・・」


「今もその時の気持ちと変わらず、新鮮な気持ちで・・・」


「いつまでも(ステージに)立ってられそうな気がするけど、(ライブは)皆で作り上げるもの。」


「私達はどうせ金づるだと思ってるんでしょ?違う!」


「場所代いるじゃない?必要経費!」


「・・・皆で同じ炊飯器のご飯食べて、切り詰めてます・・・」


「言ってやって下さいよ!(柴崎さんの方を見る)」


柴崎さん「大きい声出ない・・・」


(スナオさんの方を見て)
スナオさん「アリガトー(堀内孝雄風に」




歌はかっこいい。トークはおもしろい。
映像とステージの2つだけじゃない。
こういう2つのものを通してライブが楽しめるというのもある。いいですな。
顔が緩んでしまいそうになるのを引き締めるかのように、



「・・・皆さんがやれるとこ見せてくれますか!」


歌が、演奏が、続きます。続きます。アンコール。
ゴキゲンな、アガる曲達をポン!ポン!と投げ込んで来て、
西川さんもサポメンの方々も客席も1つに。
幸せ感満載。


「今日なんか良くない?」


「お互い良かった!」


会場に居たほぼ全ての人が西川さんのこの言葉にうなずくんじゃないだろうか。



「すげえ、今日、いろんなモン、貰えた気がします。」


嬉しそうな表情を浮かべる西川さん。



「他の会場にも持ってきます!」


他の会場という言葉が出たということは、
次に行くよ。今日は終わりだよということかな。
ということは、最後はもちろんこの言葉でシメてくれるはず。


「また会おうぜ!」




■あとがき


映像を見て、曲を聴いて自分の解釈を1個、1個書こうとも思いましたが、
あまりにもアンコールまでの流れが綺麗に1つになっていて、
どう分解、構成してていいかわからず、
とにかく全体を見てこうだったな、こう思ったなという感じで書きました。
ネタバレしてるようで、してない変な感じになってしまった気がしますw


まだ今回のツアーに行ってなくて、これを見てしまった方は、
ライブを見て、「あ、こうだから書けなかったんだ。」と思ってくれたら、
ツアー行った方は「あれじゃ書けないよね。」と思ってくれたら幸いですw


それはそれとしてw


ホント楽しめる要素はいろいろあるし、
見やすい、聴きやすい、入りやすいライブでした。


そういう感じなのですよ。ホント。
ファンになって初めて行く人はこれからの土台や道しるべになるだろうし、
久々に行く人には今まで知ってる部分と新しさがあるはず。
少し西川さんから離れた場所にいる人に見て欲しいなと思えるものですので、
そういう方が居たら、オススメしたいです。


あ、いつも行ってる人にはもちろんたまらないもの、いろいろありますよ!



【スポンサーリンク】