ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

T.M.R. LIVE REVOLUTION’13 UNDER:COVER 2ツアー 神奈川県民ホール公演2日目

ネタバレ分はかなり薄いと思いますが、
気になる方はお気をつけて。




一度見てるので映像やら流れやら何やらはもういい意味で新鮮味はないので、
自分の中でいつも以上にテーマを設けて見ないと少ししんどい2回目のツアー公演。
とはいえ、一ヶ月ぶりに見るので変わってるところもあるだろうし、
この公演ならではのものもあるはずだろう。つうか、2回目の楽しみはこれでしょ今でしょと、
この2つを探しながら、ゆっくり見ることにしました。


前半は本当にこの部分だけ切り出して、
別の作品というか公演としてやってもいいんじゃないかなという感じが出ていた。
動きにしても、映像にしても、演奏にしても、パズルが綺麗にハマるように、
スイッチを押したら、スムーズに何かが動くようにうまく連動してるんですよね。
前回見た時よりも、動きが洗練されていて、緊張感みたいなものもない。
実に滑らかで軽やか。
少々、映像と演奏が被って聴こえない場面もあったのはご愛嬌・・・ってやつでしょうかw
しかし、早くも探してる1つ目があったわ。



ステージ上でいろいろなことに感心したり、感動したりしても、
結局はこの人の歌の力ってすごいなっていう方向に持ってく。
何もかもフリであって、西川貴教というボーカリストはすげえんだっていうオチになる。


ファンだから贔屓し過ぎかもしれません。
が、とにもかくにも西川さんの歌のパワーの凄みが増してる。
特に前半終わりまでのバラードゾーンがあるんですが、
歌のパワーと心地良さでイキかけました。
「お前らからパワー貰った」とか、「各地に持ってく」
なんてライブで西川さんはよく言うけど、
そういう得たパワーみたいなものが放出されているとしたら、たぶん間違いない。浴びてる。
全国の西川さんファンの皆さん、ありがとうございます。
あ、西川さんもありがとうございます。気持ちよかった。・・・なんかエロいな。
ここで2つ目の探し物もおしまい。うおお。


後半。
あ、ステージ上でのストーリーや映像が完結したので、
さっきまでが前半、で、こっからは後半と自分の中で言ってます。
というか、そういう風に分けてるような感じもするんですよね。
完全に楽しみましょうというゾーンになってるので。


頬が先程よりも緩んでるのがよおくわかるように西川さんニッコニッコ。
動画か西川さんかっていうくらいのニコニコですよ。
ヘッドホンが壊れるアクシデントもあったけど、気にしてないない。
楽しんでる姿勢というのは見てるこちらに伝染する訳で。
こちらも楽しくなりますよ。ええ。


これだけじゃ西川さんがどんだけ楽しんでるのか伝わらないなら、
MCでのお言葉をお借りします。



「いんじゃないですか!?素晴らしい七夕じゃないですか!男とか女とか、関係ない!」


「すごくですね。今、15周年とか、去年のツアー、今年もあって、」


「今年もう一回デビューした時のテンションじゃないですけど、面白いことが出来そうな気がしますし。」


「『T.M.R』こんなもんじゃねえぞ!それに付き合ってもらうしかねえですよ!だよな!」


「乗りかかった船だから降りられねえぞ!・・・15年経てば、大分、沖の方にいるでしょうけどw」


「この日本を俺達が面白くするしかないよな!・・・思ってるんですよ!」


「レボリューションやで!」


「終わるの悔しいな。」


これでご理解頂けたら。というか、ご理解下さいw


何も知らない人が見ても、楽しそうに歌ってることとか、
惹きつける何かがあるライブであったと思います。

うん。いいライブだった。誰が見ても。


でも、ファンである特権が大きく活きたライブでもありました。


楽しく無ければ、納得することが無ければ、出ないような言葉ばかりを口にしてくれて、
尚且つ、楽しそうに笑って、歌う。
それに喜べる。たまらない満腹感。
音楽というどんぶりご飯にT.M.Rと西川さんという強烈なトッピングが乗ったオリジナル丼飯を楽しめるのはファンだけでしょう。


これからもそれを味わいたいし、それを提供してくれる期待感を大きくしてくれて、
ありがたい。



今後もいいツアー、いいライブが行われますように。


・・・一日遅れですけど、七夕の公演だったってことでこんなんでシメさせて頂きますw
失礼しました〜



【スポンサーリンク】



人気ブログランキング