読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

パフィーと対バン「愛の説教小屋」~オオヌキ的にもオールNG~ ゲストT.M.Revolution 前半戦

PUFFY愛の説教小屋 ライブレポ・感想 T.M.Revolution 西川貴教

f:id:sbtmmdy:20150811221128j:plain



行ってきました。豊洲PIT。
周りフットサルコートとカフェみたいなの以外何も無かったよ。豊洲PIT。
でも、良い会場でした。適度に広くて、見やすくて。


会場はほぼ満員でパンパンでございました。
ぼくは後ろの方でゆっくり見ようと思っていたのですが、
スペースがあまり無くて、ちょっと後悔。

でも、会場が見やすかったので見る分には困りませんでした。


さて、ライブの内容ですが、ツイッターにツイートした物に補足する形で、
書いていきますので、よろしくお願いしますー





PUFFY主催』と銘打たれてるのに良いのかな?と思ったんですけど、
会場の半数近くは西川さんのファンといった印象で。
場を支配というか、制圧というか。
免疫の無いPUFFYファンの方、申し訳ないです!という!気持ちになりましたw



客電が落ち、ライブが始まります。









もう、流石というか、誰もいじれないネタをここぞとばかりにいじるいじる。
掛け合いも見事だし、お2人のトークだけでもお金が取れるでしょこれと。


前半はT.M.R


1曲目はHIGH PRESSURE


西川「さあ!行こうか!」


西川「やりづらいとか、じゃないんです!やるしかないんです!」



気合全開。


続けて、2曲目はWHITE BREATH
対バンってことで誰もが知ってるヒットナンバーで畳み掛けていくのか?と思いきや、
ニューシングルのDOUBLE-DEAL。

西川T.M.Rをご存じない方もカンケーないっすよ!」


西川「いらっしゃい!地獄の一丁目!行くしかないっしょ!」


西川「行くぞ!どこまでも付き合え!」


そこから、グイグイと「対バン」という意識をしない、いや「対バン」だからこそ、なのかいつものド直球のライブが展開されていきます。



西川「さあ!もういっちょ飛ばしていくぞ!」

crosswiseにSWORD SUMMITとファンおなじみのナンバーが続きます。
もうほとんど天ツアー。


普段と変わらないようで変わっている特異な状況に西川さんのテンションも非常に高いのか…


西川「どこやと思う?ねえ?ここしかないやろ!てっぺんまで!」


お客さんを煽ります。
その後、MCへ。


西川「はははw 本日は8月の酷暑の最中、このような多数お集まり頂きまして、誠にありがとうございます。」


お客さんから「おめでとう〜」の声が上がり…


西川「ちょっとごめんなさい?うわーとか言う合間に、おめでとう!って言うのやめてくださいw」



西川「本日のチケット代にある通り、7129円。ナイフクエンですので…」



西川「引っ付いたら、引っ付いたで、文句言ったじゃない!w」


「何、10年目を境にオッケーみたいな空気になってんのよwみたいなことも語る西川さん。

西川「本日、ぼくもよくわからないんですが…第1弾!ありがとうございます!」



と、PUFFYの2人に感謝も忘れない西川さん。
そして…





いや、このUTAGEの流れは良かったんですが、
続けて、西川さんがシャツを脱ぐと…Naked armsのイントロが。
もうスムーズ過ぎて、少し引きましたw


この流れの良さ、お客さんのノリに手応えを感じたのか、嬉しそうな西川さん。





間髪入れずにThe party must go on。





マイクはどうやら投げたのをうまく拾えなかったり、スタッフの方が手渡ししたのを受け取らなかったというのもあったみたいです。
あと上のツイート字が抜けてますね。

T.M.Rファンが大合唱する中、合わせてくれるPUFFYファンの方も居て光景は対バンじゃないと見れない良い物でした。
ではなく、T.M.Rファンが大合唱する中、合わせてくれるPUFFYファンの方も居て、この光景は対バンじゃないと見れない良い物でした。

が正しいですね。(;^ω^)



とうとう、前半戦ラスト。西川さんが語ります。





機材の上に足をかけて、子供のような笑顔でステージを眺める姿はとても良い画でした。





これにて前半戦は終了。
ゆるくも熱い後半戦が始まります…


が、続きは少々お待ちください(;^ω^)



【スポンサーリンク】