読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

西川貴教のちょこっとナイトニッポン 7/7 ちゃん西、T.M.R R20滋賀のライブを見に来ていた妹さんに傷付くことを言われる

西川貴教 ちょこっとナイトニッポン ラジオ

ここ2日ほど更新出来なくてすみません。



「こんばんわ。」



「ここのところ、週末にツアーが続いているおかげで平日はジム。週末は有酸素と効率良くトレーニングが出来ているちゃん西…」



「もうね。本当に…」



石川「ふふふ…w」



「こないだも。トレーナーに。『…西川さんはなぜ、表に出る時、衣装を着て着痩せをしようとしてるんですか?』って言われましたw」



石川「ぬははwww」



「そうじゃないですよとw」



石川「着痩せ?」



「っw 『ジムに来る時の体の大きさをもっと表現して欲しい…』」



石川「ふははww」



「いやw そういうことじゃないw あまりこう…出さないように…したいんですよ〜って話をしてるんですけど、なかなか伝われないんですよね〜」



石川「ふははw」



「まあまあいいですけどもw …そんな西川ちゃん。火曜から金曜のナイター中継が延長しなかった日に人目を忍んでこっそりお送りしているこの番組。」



「今夜はこのコーナーをお送りしましょう!」



「フリートーーク!」



「ちゃん西の身の回りで起きた出来事を、今なら、もれなく2週間ぐらいの遅れでお送りしているこのコーナーなんですけども。」



「え〜お聞き苦しいですか?そうですか?そらそうですよ…ツアーも立てこんでますから。」
(若干疲れを感じさせる声)



「ま〜あの〜大阪ね?もちろんですけども。滋賀にも。」



「え〜…そうですね。イナズマのキャンペーンなんかがあったんで。前々乗りぐらい。こっそりして。」



「で。まあ。両親会いつつ、妹と会ったりとか。甥っ子、姪っ子もライブ来たりとかして。みたいな感じだったんですけども。」



「まあ。春から始まったんですけども。早いもんでもう夏ですよ。」



「ね?春から。夏、秋、冬と。四季を跨いでツアーをやっていくということもあったりとかしてて。」



「で。まあ。あの〜今回は。まあ。セットも。まあ〜シンプルですし。」



「衣装なんかも。あんまりこう…着飾った感じでね?お送りするんじゃなくてね。もうなんならTシャツ一丁でいいんじゃないの?みたいな感じだったりとかしてるんですけども。」



「そんなこともあってですね。こう汗掻いてくると、重いんですよ。Tシャツが。ええ。」



「で、も、ズッシリしちゃって。で、後半なってきたりとかすると、もうたまんないんですよ。着てるのが。」



「もうでも。のっけから、ほぼほぼTシャツ一丁みたいな状態で出てるんですね?」



「なので、脱ぐもんないんですよ。」



石川「ふふふ?w」



「そうなると、まあ…Tシャツ脱いだら、裸ですから。…もうそんなもんですよ?」



「別にそんな見せたいとか、見せたくないとかじゃなくて。」



石川「はははw」



「だって、もう取るもんそれしかないんだもん。」



「なって、脱いだんですよ。で、終わって、ライブ終わってから、妹が楽屋来て、甥っ子も姪っ子も来て。わ〜なんつって。」



「いや〜良かったよつってて。」



「で〜、まあそういう感想来るのかな?と思って、今日どうだった?つったんですけど。」



「ボク、3人兄妹で。あの〜すぐ下の妹は年子で。そっから8つぐらい離れて妹がいるんですけど。」

スポンサーリンク


「年子の方の妹が。もう…ちゃん西もうなんか比較的ね?人前出る時はお喋り気取ってますよ?」



石川「ふふふw」



「お喋りな筋肉ですよ。」



石川「ぬははwwwww」



「ですけど。あの〜比較的やっぱり小さい頃からね?大人の中で育ってるから。こう…人様の表情とか視線とか。そういう物気にしながら、会話の内容とか、そういうの気にしてるんですけど。」



「うん…なんて言うんですかね?次女っていうか、長女なんですけど、次女みたいな感じじゃないですか?」



「ほぼほぼ双子みたいな感じで育ってるんですね?年子だから。」



「あんまりこう気にしないんですよ。人目とか。」



「なんて言うかな…まあ…よく言うと…なんて言うかな?開けっぴろげっていうか。」



「取りようによってはね。ズケズケ物を言うみたいな感じに取っちゃう人もいたりするんですけど。」



「終わって。楽屋来て、開口一番。『なあなあ?なんなん?あのカラダ?」



石川「ふははwwwww」



「ふふふwwww」



「そこ?w そこスタートなの?w なんかもっと他にあるんじゃないの?w」



「なんかさあ、久々にさ?懐かしい曲聴けたねとかさ。」



石川「んふふw」



「そういうのないの?…w」



「『なんなんアレ?レスラーやんw』」



石川「ふははwwwww」



「くっくっくっwww …違うよ?w」



「…うん。身内だから言って良いことと、悪いことあるんだよw 兄ちゃんだって傷付くんだよっていうw うんw」



「そんな気持ちでいっぱいでしたw」





■エンディング




「さあ。今夜も最後にメールでございまーす。」



「これは愛知県日進市?おお〜しんじゅん。」



「お前ここに住んでたっけ?しんじゅん?」



石川「引っ越した?」



「引っ越した?こいつね?」



石川「西尾市の。」



「そうだよ。西尾市のしんじゅんだったよね?」



「いつの間に引っ越してんだ。お前w」



「『え〜6月の4日に大阪のフェスティバルホールで行われた西川ちゃんのライブに参加しました。』」



「『1階席の方でライブを楽しむことが出来、とても良かったです。』」



「『次に僕が西川ちゃんのライブに参加するのはイナズマになります。』」



「『イナズマは土曜日しか参加出来ませんが楽しみにしたいと思います。』」



「…引っ越したらお前、引っ越ししたって言えよ…w」



石川「はははwww」



「お前なんだよお前w」



「 …じゃあ今夜はこの辺で!w またいつか!」


リスナーの住所やペンネームは結構覚えているという西川さん。
それが今回はズイッと出てきましたね。


ツアー中ということでややお疲れ気味なんでしょうかね。
西川さんもお聞き苦しいでしょうか?と聞いてくるくらいに声がやや掠れ気味でした。


大阪や滋賀について触れていたので収録したのは恐らく6月上旬か中旬頃なんですかね?
この兄にして、この妹ありというなかなか貴重なトークが聴けた気がしましたw
家族から見てもやはりあのマッスルボディは凄く見えるんですねえ…w