読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

T.M.R. PARK REVOLUTION in JOYPOLIS 2020記者会見その1 デジタルSFライブ・アトラクションに関する西川貴教のコメントメモ。

T.M.Revolution ジョイポリス


昨日からスタートした東京ジョイポリスとのコラボイベント「T.M.R. PARK REVOLUTION in JOYPOLIS 2020」



tokyo-joypolis.com


その記者会見での西川さんのコメントのメモです。
正確ではないのと思いますので、こんなこと喋ってたんだ〜と軽く受け止めて頂ければ幸い。


記者会見の内容について詳しく書かれているファミ通の記事と読み比べながら見ると面白いかもです。

www.famitsu.com


西川さんが出てくるまでの流れ


スタッフの方2人による今回の記者会見の説明。

ニッポン放送吉田アナ登場。西川さんの下僕と説明。

ジョイポリスの内藤館長が登場し挨拶。

挨拶を終えた後、西川さんのターン。


西川さん登場

吉田アナ「ジョイポリスと同じ20周年を迎えましたT.M.Revolution西川貴教さんです!どうぞ!」



(独裁をBGMにして登場。)



「どうも〜」



吉田「黄色い歓声の中に野太い男性の声が…w」



「そうですねw」



「集まって頂いてありがとうございます!」



吉田「今回はですね。コラボレーションについてお話を伺うと…」



「はい。」



吉田「西川さんってお台場って思い出深い土地ですよね?」



「そうですね…あの〜まあ…え〜ラジオ。ニッポン放送がお台場にありました時にね。」



「以前はサマークラッシュっていう野外のイベントなんかもやったりしてますね。」



「サマークラッシュの開催の時だったと思うんですけども…」



「(吉田アナに)番組に出てもらって。会場でステッカーを配りに行って骨折…」



吉田「違いますw 正しくは放送作家さんにタックルするとステッカーが貰えるっていう企画をやったら、放送作家さんが怖がって出て行かなくなっちゃったんで、じゃあ…とw 丸腰でタックルされるっていう…w」



「そうですね…始末書じゃなくて顛末書ってのを書いたんですよねw ありがとうございます。」



吉田「左腕を労災で治療させて頂きました…w」



「ありがとうございますw」



吉田「それはそれといたしましてw」



吉田「ジョイポリスが20周年ということで。」


「ねっ?」



吉田「西川さんもアーティスト活動。デビュー20周年。おめでとうございまーす!」



「ソロになってから20周年という形にはなるんですけども。」



「ジョイポリスも20周年ということで。同い年。」



吉田「さっきもね?(記者会見の前に年間パスポートを貰ったジョイポリスと同い年の人達のこと。)」



「ねえ?20年ってそんななっちゃうんだなって。」



吉田「新成人ですよ。」



「大人ですからね。」


ここからライブやアトラクションについて2人が語り始めます。


デジタルSFライブについて

吉田「ジョイポリス20年ということで、本当にいろいろなことをされるんですが…」



吉田「まずご紹介させて頂きたいのが1日に3回開催されるそうなんですけど。」



「はい。」



吉田「デジタルSFライブ。」



吉田「完全撮りおろし映像を最新の映像技術を使用した迫力満点のステージ。」



「はい。」



吉田「グリーンバックで特殊な撮影をしたとか?」



「そうですね。プロジェクションマッピングを使った新たなエンターテイメントということで。」



「以前使った衣装なんかと新たな映像のを方を接続して。ご存知のない方も映像でライブを楽しんで頂こうと。」



吉田「普段西川さんのコンサートとかでアリーナクラスだと当然ありえない。この距離で見られることってまず無理なんですが…」


吉田「それが1日3回。ジョイポリスでは最新映像でご覧になれると。」

撃音ライブコースター

吉田「そして…目の前を通り過ぎててってるんですけど…w」



吉田「今日からスタートしています。撃音ライブコースター。」



「はい。」



「まさに今日が。スタート。」



吉田「実は今日がスタートということはこのコースター、世界初の音ゲーコースター。」



「ねえ?」



「ジェットコースターとしての迫力もあるんですけど、音楽を使ったゲームとしての要素も入ってきて。」



吉田「そうなんです。HOT LIMIT、WHITE BREATH、HIGH PRESSURE、Preserved Rosesが使われてまして。」

スポンサーリンク


吉田「実は私、先程やらさせて頂いたんですけど、正直、物凄い勢いありますよw」



「えへへっへw」



「迫力があるんでねえ…楽しんでもらえたらと思います。」



吉田「前半、音ゲーやってて、いつの間にかジェットコースターか!みたいな瞬間があるんで。」



吉田「1度、2度じゃなく。攻略するために何度も体験するという…」



「元々ね?何曲も入ってますから。」



吉田「是非。」


ハーフパイプトーキョー

吉田「もう1つ。ハーフパイプトーキョー。」



吉田「ジョイポリス人気ナンバーワンのアトラクション。」



吉田「高さ7メートルまで上がっていって、回転を決めると西川さんが褒めてくれるw」



「あははw やったね!みたいなのw」



吉田「やらせて頂きまして…w 結構褒めて頂きましたw」



「結構コツがいるんですよね?難しいですよ。なかなか。」



「それこそ曲たくさん使用して頂いているので。いろいろな感覚をこのゲームをやりながら、楽しんで頂けたらと思います。」



吉田「ハーフパイプ。元々、エクストリーム系は音楽が重要で。」



「うん。」



吉田「このデジデジした感じとこの世界観合ってるなと思いました。」



「曲、聴きながら、体験して頂けると気持ち良く。曲にノって楽しむのも。」


ジョイポリ探検隊 ダイーバの秘宝と謎の紋章

吉田「そして、ジョイポリ探検隊 ダイーバの秘宝と謎の紋章。」



吉田「こちら館内を謎解きしながら巡って、紋章を集める体験型アトラクションでクリアするとコラボフレームを使って記念撮影が出来るんですが…」



「そうです。」



吉田「今日から8月の14日。コミケの最終日まではタボくんフレーム。」



「そうなんだ。地獄の3日目ってことね?」



吉田「何が地獄かというと、これはあくまで有明で行われていることですからw」



吉田「8月15日から9月の30日。イベント終了まではイベントのメインヴィジュアルフレームが使われるということになっております。」


フォーチュンフォレスト

吉田「そして大人気の占いアトラクション。フォーチュンフォレスト。」



吉田「こちらなんですが、占いの結果用紙が全3種類。ランダムで出てきます。」



「はい。」



吉田「占いもランダムで。」



「お盆も挟んでますから、親戚の霊も…w」


衣装展

吉田「衣装展が開催されているということで。」



「3つの期間。ありますので。いろいろ楽しんで頂けるように。3つの(期間の)衣装を是非ともね。」



吉田「後ろのモニターでは映像も見られる?」



「はい。」



吉田「デジタルステージの方のメイキングも。」



「そうです。」



吉田「衣装…西川さん、今と全然違いますよね?」



「そうですね…あの〜ま、ここにある物は8割方、袖が入らないw」



吉田「袖が?」



「袖が。」



吉田「腕凄いですもんね。」



「いやそんなことないですよ?着痩せ…着痩せじゃないやw 着太りするタイプですから。」



「(Preserved Rosesの衣装を見ながら)2013年に作った衣装ですけど。これが限界でしたね。」



吉田「今、どれぐらいメニューやられてるんですか?」



「そうですね…2時間のメニューを。」



吉田「プロスポーツ選手ですよ…w」



「あの〜いろんな方から凄く褒めて頂いて。褒めて頂いてる方、大体あの〜プロスポーツ選手かビルダーの方w」



「それでもちっちゃいなと思ってるんですよ。」



「でも、辞めてほしい、気持ち悪いって声も…w」



吉田「凛々しくて良いと思いますが…西川さんミュージシャンですよね?」



「エンターテイメントと歌、そして愛をこもった歌を届けるためだけにある体なんで…w」