読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

西川貴教のちょこっとナイトニッポン8/2 ①先日行われたアメリカanime expo2016でのライブ以外の話 ②T.M.R 20広島公演に参加された方からメール ③ライブのMCのディスりは専売特許?

西川貴教 ちょこっとナイトニッポン

フリートーク回。


オープニング

「こんばんわ。」



「聞くところによると、この番組の直前までお送りしているナイター中継でもおなじみ、え〜ニッポン放送スポーツ部煙山アナウンサーがこの番組の大ファンだと知って、ちょっぴり嬉しい西川ちゃん…。」



「…あ。そうなの?や。もし、煙山アナウンサー聴いてくれてるんだったらですね。」



「なるべく早く…あの…そうですね。イニングが終わるように。これからもよろしくでーす。」



「そんなちゃん西。」



「火曜から金曜のナイター中継が延長してなかった日に家族でスタジオ見学に来た気の強い嫁がブースの外で、うちのお服を大声で罵倒しているのを聞こえないフリしながらお送りしているこの番組w」



「今夜はこのコーナーをお送りしましょう。」



「フリートーク!」


コーナー

「えー。ちゃん西の身の回りで起きた出来事をインドの鉄道くらいの遅れでお届けしているコーナーです。」



「こないだお話したロサンジェルス。」



「また大体何しに行ったんだ?って話だと思うんですけども。」



「ま。そのコンサートだったんですよ。っていうところで。」



「今回その…ロサンジェルスのコンベンションの劇場がその…大きい…幕張メッセみたいなとこですよ。ロサンジェルスにある。」



「いろいろこうあって。で、まあ。企業のブースが出たりとか。あとはまあ…してる中で。いろいろこう…」



「丁度、日本のアニメーション…が。100周年じゃないですけど。当日…あの〜会場でも見せてもらったんですけど。」



「あの〜…大昔。ホントに作られた…こう…ま。初代のアニメって言われてるような紙芝居みたいなものをスライドでこう…撮って。」



「それをこう…ま。何枚もコマで撮って、アニメーションの上に動くように見るっていう。」



「15秒、20秒ぐらいの映像なんですけど。そういう珍しいものもあったりとか。」



「ま。そういうこう…日本のそういうものを。ま。アニメをね?その…扱う。いろんなその…コンソーシアムだったりとかっていう方のパネルにボクも代表で参加させてもらったりとかして。」



「いろいろお話をさせて頂いたりとか。みたいなことがあったりとかしまして。」



「はい。でも。あの〜イベント自体は。AXっていうイベント自体は4日間で…トータル30万人とか。」



「会場には毎日トータルで来てるっていう風な。大きいイベントと。」



「西海岸では最大のイベントという風な感じだったりするんですけれども。」



「ま。そういうところからもね。ホントに。その…ね?日本の立派な輸出品として。アニメーションだったりとか、日本のポップカルチャーっていうのがあるんだなっていうのを凄い認識出来ると思いますし。」



「またそういうのをね?通じて。ボクの楽曲なんかもそうですけども。知ってもらって。ねえ?」



「それこそK-POPなんかはホントに国がね。もう…一眼となってね。文化や韓国の魅力みたいなものを。」



「あの‥インフォメーションしていく凄いきっかけになってますから。」



「ま。そういう意味でもね。あの…もっともっとそういう形のものが増えてくれば良いなと思いました。」


エンディング


スポンサーリンク



「じゃあ今夜も最後にメールでーす。」



「これは広島県東広島市。らんま28/1」



「『6月19日広島で行われた西川ちゃんのライブ参戦しました。』」



「あら?そうなの?広島だもんな?」



「『今年も広島に来てくれて、ガツンと盛り上げてくれて本当にありがとうございました。』」



「『ちょこナイでも話していた通り、MCでイベンターがお好み村と山賊しか連れていかないと嘆かれていたので…』w」



石川「ふふふwww」



「『今度、広島に来られるまで私が良い店を書き出して、イベンターに提出しておこうと思います。』ぐふっw」



「嬉しいねえw 『なので、西川ちゃんの苦手な食べ物や避けたい食べ物があれば教えておいてください。』」



「なるほど。嬉しい。」



「もう今や…ボク…のそうですね。特にえ〜中国地方。愛知県。東海地区。そして皆さんご存知、四国。」



「のMCはほぼ…MCっていう名を借りたイベンターへの愚痴しかないですねw はいw」



「あとはもう…本当に…その土地その土地を毒蝮三太夫さん方式で。」



「あの…ディスりながら触っていく…w」



「独特のものを。もうホントにw いっか。もうw」



「ボクの…専売特許として。」



「ライブのMCがディスりでお送りされるっていうw」



「ああ…なんか‥ちゃん西といえばディスりだよね?って言って頂けるようなものにしていきたいw」



「強く。今回はw」



「前回のツアーからね。今回。トータル100本なんで。決定打を。今後は出して。楔を打ち込んでやるんだと思ってますw」



「それでは今夜はこの辺で。またいつか!」



アメリカの話はこの回でもしています。
sbtmmdy.hatenablog.com


で、イベントの内容はこんな感じです。
sbtmmdy.hatenablog.com


終盤の韓国の話は台湾のイベントにも参加した時に語っていましたね。そういえば。

sbtmmdy.hatenablog.com


西川さん的にはガンガンにアピールするべきという気持ちが強いのでしょうか。
国の事情が違うとは思うのの、アピールが足りないとか下手だなあとは感じますかね。


ライブのMCに関しては何も考えずぶっつけ本番で喋っていると以前語っていたので、
いじりたがりの西川さんからすると、いろいろとディスりたくなるんでしょうかねw
いじめっ子が好きな子をいじる時のようなキラキラした目でいじりますからねえ…w
ただ悪意は薄いんですけども。


これからツアーに参加するという方がいらっしゃれば、是非、専売特許というか名物になりつつあるディスりをしっかり堪能して頂ければなと思いますw