ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

坂崎幸之助の第2回ももいろフォーク村デラックス T.M.Revolution西川貴教 感想&レポート

行ってきました。ももいろフォーク村。




当初は行く予定ではなかったのですが…世の中わからないものですね…
メモとペン、常に持ち歩いてて良かったなと思いつつ、
豪華なイベントを堪能してきました。


はじめに


会場はももいろクローバーZのモモノフの皆様がほとんどの中、
ちょいちょい見掛けるR20のシャツやラバーバンド。
自分はチキンなのでグッズらしいグッズを身に着けてない…皆さん勇気あるなあ…
どのくらいの比率とかはわからないですけど、感覚的には見掛けたらラッキーみたいな感じだったかと。


事前に何も調べずに来てしまったので周りを伺いながら席に向かうと、
どうやらイベントは着席しながら見る様子。
イスに腰掛けながら、次々と出てくる大物ゲストと名曲の数々に酔いしれる準備は完了。


坂崎さんと木根さんによるがくや姫の演奏&トークで場もしっかり温まり、
ももクロも登場。番組が始まります。



…で、細かい内容などはももいろフォーク村のサイトにセットリストとスクリプトが上がってるので、
こちらをご覧頂けると大体が把握出来ると思いますw
決して、めんどくさくて投げた訳じゃないですよ!じゃないですよ!
大事なことなので、2回言いました。


セットリスト
www.fujitv.co.jp


スクリプト
www.fujitv.co.jp



あとは放送されてますからね…録画や再放送など確認出来る方は是非。




とはいえ、西川さんのところはしっかりやります。


西川貴教 感想&レポート


坂崎さんからの「続いてはコイツです!」の紹介と同時に西川さんが登場。
衣装がなんというか銀河英雄伝説みたいに見えました。


参考
http://www.ginei.jp/

「和田アキ子さんで5分押したんで、1曲削ってるんです!w」


時間が押していることを話ながら入ってきた西川さん。
アッコさんは悪気は無かったのでしょうが、割とゆったりめにトークしていたこともあって、
西川さんにしわ寄せが…w
リクエストハガキを読むのにも時間は取られるでしょうし、3時間って枠に納めなければいけないから仕方ないですが、
1曲聴きたかったです。



「皆、来ても、大して驚かないw」

会場のモノノフの皆様にはもうおなじみの人来たみたいな空気がプンプン。
そこから西川さんはももクロ5人をターゲットにいじりを開始し…



「スターダスト所属!西川貴教でっす!w」

ふざけつつ、百田さんの歌い方をいじりつつ、1曲目。HIGH PRESSUREを百田さんと。


持ち歌ということで流石の安定感。
ちょっと抑え気味にも見えましたが、予定が変わった影響もあったんですかね。


キラキラした顔と独特の衣装のアンバランスさに可笑しさを覚えながらも、
キッチリ歌いきる姿は良い。


モノノフやももクロの皆さんもしっかりと曲の決めポーズに合わせるなど、
温かい空気の中、ハイプレ終了。


ここからリクエストハガキを紹介。
ハガキを読む高城さんにグイグイ近付き、その近付きっぷりに何かあるんじゃないのか?と指摘されると、


「あなたに大して(女性として)興味ないw」


と笑顔でw
年齢的にも妹や子供みたいなものでしょうしね。高城さん。
そんなワチャワチャしたやり取りを終えると、レジェント小室哲哉さん、木根尚登さん登場。
大先輩の登場に西川さん恐縮気味。
2人の間に挟まれ、宇都宮隆さんのポジションになってしまう西川さん。


「宇都宮さんのファンとか(後輩の自分がここにいて)微妙じゃないですか?w」



「腐ったスイカとか送られてくるんじゃないか…w」


苦笑いで。
なかなか接点のない業界の先輩2人に挟まれてるって状況もありますし、
TMNの本来、宇都宮さんがいるところに立ってるんですもんねえ‥
西川さんじゃなくても落ち着かない気はします…



宇都宮さんのファンの方に怒られないか心配する西川さん。


「…皆に好かれたい。国民の甥っ子w」

スポンサーリンク



そんな西川さんへ坂崎さんが「共演は初めて?」と声を掛けます。



「ないです。スゲー気まずいですw」


続けて、T.M.RとT.M.N似てるよねみたいな話に流れ…


「親類。遠縁みたい?」



「遠い親類なんで…B'zの稲葉さんとか。」



「ボク…なんだろう…?w」


小室さんや木根さんも親類や遠縁という言葉を使っていて、
2組の間を浅倉さんって人がいるし、間違った表現ではないかもなーと思いました。



TMNの2人が出てきたということは…2曲目はTMNの曲。名曲Get Wild。
LOVE✕2あいしてる以来、15、6年ぶりのカバーでしょうか?
いやー出演者のラインナップを見てもしかしたら…とは思っていましたけど、
小室さんがシンセ弾いて、木根さんがギター持って、間に西川さんがマイク立ってる姿を見るとねえ…
ジーンと来ますね。


LOVE✕2で歌った若く、荒々しさのあるカバーから、時が流れ…
笑顔で小室さんや木根さんにアイコンタクトを送りながら大事なものを扱うかのように丁寧にしっとりと歌い上げます。
あれから経験を積み、スキルアップし、T.M.Rとして走ってきたということが本当によくわかる。


演奏が終わり、どこか嬉しそうにシャウトして、緊張と楽しさが混ざったような顔をしているのを見て、
長い間追いかけているとこんな良い偶然の巡り合わせを目撃出来たり、
たった数分の間に長い年月を感じ取ることが出来るんだなと思いました。
ファン続けて来て良かった…w



T.M.Nevolutionと名付けられた即席ユニットは1曲のみで解消し、


「1曲減らしてかえりまーすw」



と言って、西川さんはステージから去っていきました。
もう1曲聴きたかったですぜ…



西川さんの出番はこれにて終了。
わずか十数分のステージでしたが、インパクトをバッチリ残したのではないでしょうか。
モモノフの方々もウエルカムな空気を作ってくださってて、安心して見ることも出来たし、
イベント自体も盛り沢山で行って良かったです。満足。
不満があるとすれば…削った「My Revolution」は次回お願いします…w


…しかし、ももクロの5人は凄いですね…
3時間、歌にパフォーマンスに演奏もして、ステージを縦横無尽に駆け回り、最後まで笑顔を絶やさない。
ワチャワチャしてるようで、対応もしっかりしているし、ゲストへの気配りも細かさも見えて、
トップアイドルの凄さを感じました。


当日の西川さんのツイッター&インスタグラム



www.instagram.com




www.instagram.com


人気ブログランキング