読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

T.M.R. LIVE REVOLUTION'16 -Route 20- 静岡文化会館ライブレポート・感想(まだ途中)

T.M.R. LIVE REVOLUTION '16−17 ライブレポ・感想

横須賀(神奈川)に始まり、韮崎(山梨)、川口(埼玉)、栃木、そして両国(東京2日間)と来て、
今回やってきたのは静岡。
7公演目です。


正直、ツアーの前はこの静岡と両国2日目だけで終える予定だったのですが、
あれよあれよという間に…
今回のツアーはホント、どうなってるんでしょうか。自分が…w


誘ってくれる人がいる。人に恵まれているというのもありますが、
いくら人がいようと魅力的なライブが行われていなければ行こうとは思いませんよね…
そう…行われているから、誘われて「まあ…いいか。行くか…」と、なってしまう…
恐ろしい…



会場は静岡文化会館。


f:id:sbtmmdy:20161006183312j:plain


静岡出身の友達が「音響が良い!」と言っているのが気になり、
神奈川から割かし近いため参加することにしました。



見ることになった席は1階のど真ん中に真後ろ。
ステージ全体がハッキリと見ることが出来ます。


毎度の大島さんのピアノソロからジャーンと始まって、ドーンと西川さんが登場するのを眺めながら、
ライブに酔う気満々モードに。


会場に置かれている荷物がライトに照らされて、セットのような雰囲気を醸し出してるのを見ながら、
「行くで!静岡!」とシャウトする西川さんに視線を移します。



前半戦


もう安定の1、2番。独裁にLEVEL 4。
LEVEL 4の曲終わりでお立ち台を叩き、上を向いて指さすパフォーマンスの流れがカッコ良い。


「ウェルカムトゥ!ライブレリューショオオオオン!」という西川さんの挨拶シャウト後、
「秋なんかやってどっかやって夏にすっぞ!」という言葉と共にHIGH PRESSURE。

…毎回、思いますが、夏を連想させる曲を持ってるのって強い。
曲中、両手を広げながら、とても気持ちよさそうに歌う西川さんを見て、ぼくも良い気分に。


夏の次は秋をすっ飛ばし、冬。WHITE BREATH。
「飛ばして行くで!」
ここで会場の熱気がグッと上がる感じがして、やはりさすがのT.M.Rのキラーチューンだなと改めてしみじみ。


「オレ達に向かって歌え!歌え!」と煽り、間奏中には「もっともっと!」と更に煽る。
SMの女王様顔負けにSぶりを発揮する西川さん。
想定以上の歌声が飛んでくると「良いね!静岡!」とご満悦です。
ありがとうございます。


夏→冬と来て、また夏。HOTLIMIT。
柴崎さん、大島さん、菰口さんのメンバー紹介挟みつつ。


…いやあ。なんでしょうね。
もう7回参加となると、どこか慣れてしまっている部分があるはずなのに曲のイントロ聴くとアガるし、楽しいっていう。
それとここまでの流れ。
曲が人だとするなら、スターが次々と登場してくるような感じ。
あなたも!あなたも?みたいな。
20年という歴史、そしてT.M.Rの音楽は楽しいというのが自分の心の中に、体の中にしっかり根付いてるということでしょうか。


なんてことを考えていると、
マラカスを持った西川さんが視界に入ってきます。
HEAT CAPACITY。ベースのアレンジが変わった箇所があったかな?と思ったり。
バラードゾーンへ突入。


会場の一体感がサイコー!という西川さんのMCの後、
「荒れ狂う魂を鎮めるw」「このバラードを気持ちを込めて歌いたいと思います。」
THUNDERBIRD。


イントロが始まると、会場の各所で小さな悲鳴が。

これはどこ行っても確認してる気がするのですが、他の方もそうなんでしょうか?
で、あれば、それだけこの曲が好きな人がいるってことと、
この曲を歌う西川さんに魅力があるってことなんでしょうかね。


曲が終わるよりも少し早く拍手が始まって、それが鳴り止むと、


「10年目のこの曲を贈ります。」
と、vestige-ヴェスティージ- 。
力強さと優しさを感じさせる歌声でしっとりと。
「消えない君だけが まぼろし」という歌詞間違いなどはありましたが、
これはご愛嬌ということですかね…w



「緩急が良い!」「盛り上がるところは盛り上がる。引くところは引く。」
という今日のお客さんのリアクションを賞賛し、MCゾーンから、iPhoneコーナーへ。






最初にかけたのはBurnin' X'mas。



(会場のリアクションを見て)



「ありがとう!…w」(曲を止める)



客「えー!!!」



「クリスマスじゃないもん!w」


スポンサーリンク



客「歌ってー!」



「歌ってって?w 歌えないよー!すぐそうやって言ってw」



(iPhoneをいじりながら)



「季節によって、いろいろ曲あるな〜」



「冬っぽいのどれかないだろうな〜」



「夏っぽいの多いんだよな〜」



「これ雰囲気、春っぽいくない?」



BOARDING



お客さんが曲に合わせて、手拍子をするも…



「リズム感ないのかな?w」



と言って、3回程やり直しさせらることにw



「いいねえw いいよー!w」



と言って、曲を止める西川さん。



客「えー!」



「えーじゃねえよ!w」



「だってこれが成立したら、これのツアーだよ?w」



「ケータイのツアーだよ?w」



「…じゃあこの曲で…」



と言って、山崎さんがドラムを叩き、イントロが流れてきて、
INVOKE。



…ちょっとキリが良いので一旦ここでおしまいにします。
続きは申し訳ありませんが、後程(;´∀`)


セットリスト


sbtmmdy.hatenablog.com