ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

「また会えるよな?また会おうぜー!」テレビ朝日・ドリームフェスティバル2016 T.M.Revolutionライブレポート・感想

他のツアーの感想を書いてないのもある中、すみませんが…



f:id:sbtmmdy:20161023162535j:plain



まずは西川さんのツイートを。


ライブ前日、当日の西川さんのツイート





こんなツイートを見たせいか、トップバッター?と思って、会場に行くと、
スクリーンに「T.M.Revolution」の文字。
のんびり来なくて良かった!と安堵。


西川さん達登場

BGMとともにサポメンさん達が登場。
中でも目を引かれたのは大島さん。
他のメンバーの方々は淡々と立ち位置に着く中、大島さんはお立ち台を利用して、勢いよくジャンプをしたり、両腕を振り上げて煽りながら、自身の立ち位置へ。
おお!トップバッターとして場を温める気満々!と思わざるえない。


サポメンさん達全員が立ち位置に着き、西川さんも登場。
「飛ばしていくぞー!」という第一声。
ライブが始まります。


1曲目はInherit the Force -インヘリット・ザ・フォース- (Re:boot)


会場はGLAYファン、backnumberファンの方が多く、T.M.Rのファンの方々は3番目くらいな感じがしたので、
T.M.Rを知らないか、知ってはいても昔のT.M.Rしか知らないって人には名刺代わりに丁度良いかもしれない良いパンチを持ってきたなーという印象。
ここで最新シングルのRAIMEIでも良いけれど、
なんとなくあるであろうファン以外の人が持っている「TMさん」という物のイメージを書き換えるには良い曲だよなと。


普段のライブのようなスピード感で入りつつ、しっかりと客席を確認しながら歌う西川さん。
そして…


「イェーイ!T.M.Revolutionです!おっぱじめっぞぉー!」



「一発目あげっぞ!」


と、シャウト。
間髪入れず、2曲目。LEVEL 4。
ツアーでやっているのとイントロ変わっていたような。
新たなアレンジをしたんですかね?
ちょっとびっくり。


歌いながら、ステージの中央に作られた細長いランウェイに向かって走り、アリーナ中央にいるお客さん達へ向かっていく、西川さん。
限られた時間の中で動いて、動いて、ステージに視線を集め、意識を向けさせようっていう想いからのアクションなのでしょうか。



歌い終えて、ここまでの2曲はウォーミングアップだとばかりに…


「さあ。見た通りです。はじめっぞ!」



「さあ!こっから!メッセージや情熱じゃねえよ!一 体 感 !」


3曲目。HIGH PRESSURE。
イントロが流れて、西川さんが歌い出すと、
ファン以外の方にとって聴いたことがある曲が流れたせいか「知ってる!」みたいな空気が流れた気がしますw


ファンやヲタの人は定番曲キターといった感じで、ライブでお決まりのフリを踊りながら、ノリノリ。
それを見て真似ようとしたり、戸惑いながらもノッてる方も。
西川さんもステージ上からそんな様子を見たのか。


「確かにわかる。一発目。盛り上がりずらい。でも、そんなのカンケーねー!」


小島よしお精神溢れるシャウトをして、お客さんに楽しもうと問い掛けます。


「あっちゅーまに終わる。T.M.Revolutionの40分。2400秒。贅沢に使わせてもらいます。」



「誰のファンとかひいきとかカンケーない!同じチケット代!楽しんだモン勝ち。行こか!?」



うーん。トップバッターとしてガツンと来るMC。
審査員だったら100点出してるなーと思いつつ…


「さあ!3時?まだまだ飛ばすよ?」


と言って始まった4曲目。WHITE BREATH。
西川さんのMCで客席もステージ上もギアが一段上がり、
T.M.Rの冬のキラーチューンが来たからか、これまでよりも会場が熱い雰囲気に。
それを見たのか、西川さんサビを歌わせようと客席に度々、マイクを向けます。
一体感を作りに掛かってるなあ…


戸惑いや恥ずかしさが感じられながらもファン以外の方々も歌ってくれたのが確認出来たのか、


「良いね!声が良い!w」



「行けるやん?そうよ!そう!」



「曲なんか知らなくても、良いんすよ。楽しんだモン勝ち。」


と、嬉しそう。
ツアーでも繰り返している「楽しんだモン勝ち」という言葉をここでも言っているのはホントにそう思っているからでしょうかね。



冬のキラーチューンの次は夏のキラーチューン。
6曲目。HOT LIMIT。


知名度のある曲が連続で来たことで喜んでる人や、
ファン・ヲタの人のフリを見て、驚いてる人なんかもいたせいで、少しカオスな空気に。
「さあ!まだ行けるやろ?トーキョー!」との煽りも加わり、季節は秋でも会場は強制的に熱い夏の雰囲気に変えられていきます。


西川さん、テレビカメラに向かって「テレ朝的にもオールオッケー!」と歌いながら、笑顔。


熱くなった会場はまだまだ冷まさないぞ!とばかりに始まった7曲目。HEAT CAPACITY。
ツアー同様、西川さんはマラカスを装備。
会場に響く歌声とシャカシャカ音に西川さんファンの方々はさぞニンマリしたことでしょうし、
ファン以外の人はなぜマラカス?と思ったでしょう…w


ここまでグイグイ飛ばす曲が多かった中で、
ややゆったりとした曲が来たことにより、緩やかにペースが落ち着いて、曲を聴かせる方向に良い形でシフトチェンジしたように思えます。
程良い温度になった会場を眺めながら、西川さんがここに来てご挨拶。


スポンサーリンク


「改めまして。ご挨拶が随分、遅れました。T.M.Revolution西川貴教でございます。」(丁寧ながらも笑いを含んだ口調で)


「本日はドリームフェスティバル…」


西川さんの喋り方がツボに入った方が多かったのか、客席で笑い声が起きますw


「笑うところじゃないですよ?w」



「…そういうところ、すきですw」



このちょっとしたやりとり。
会場のお客さんの心をしっかり掴んでいる手応えがあるのかなーとか、
やっぱりトークは面白いと思われてるという信頼感みたいなのを感じました。


MCは続き…


「ミュージックステーション。30周年。」



「3日間のトップバッターを勤めさせて頂きます。」



「明日は…長野に…w 気持ちは3日間、代々木にw」



「ツアー中なんで。(スケジュール的になんとか出れないかと)いろいろ考えて出させて頂きました。」



「…テレ朝大好きです!w」



「…こんなぼんやりした感じでも、20年やってるんだよー?w」


「初めてって人いる?えっwww 何やってたの?w」



「でも、いいんです!これが出会いです!」



「ここで出会えて良かったと思いました。」



「…持ち時間ラストでございました…w」



「…もっと、ちゃん西。Mステ出してあげて!番組出して!って伝えてくださいw」



「(Mステは)…5枚目のシングルから出して頂いて。HIGH PRESSUREですよ。」



「その頃と同じ気持ちで。音楽って力あるなあと思わされる時間に出来たと思います。」



「40分間も一緒にいるんですよ?これ運命でしょ?」



「その運命に逆らわず、一緒に歌ってくれますか!?」



「知らなくても良いよ!テキトーに叫んどけ!」


8曲目。ラスト。HEART OF SWORD ~夜明け前~。
これまでも何度かサビをお客さんに歌わせる展開がありましたが、
最後の最後でも歌わせる展開に持ってく西川さん。
イベントという気遣いはありながらも、基本的なスタイルはワンマンライブ。
そこにしっかりと引きずり込まれたお客さん達がしっかりと歌う。
知名度のある曲というのも大きかったとは思いますが、
西川さんの姿勢や言葉が伝わったという証拠でもあるでしょう。


会場のその様子を確認したのか、


「サイコーやん!」


と、西川さんとても嬉しそう。


歌い終わって、

「短い時間。ありがとうございました!」



「1日。いや、3日間よろしくお願いします。」



「T.M.Revolutionでした!」



「また会えるよな?また会おうぜー!」

持ち時間40分キッチリ。
まだまだやれる!という余韻を残しながら、西川さん達は風のように去っていきました。
トップバッターとしてはこれ以上にないくらい場を温め過ぎて、
温めたというか、焼いた?気がしなくもないですが、
最後まで自分のスタイルを保ったまま、イベントを盛り上げた西川さんの姿は面白かったし、楽しかった。
ワンマンライブなどでは見られない客席の表情なんかも見れるし、
イベントでのT.M.Rも良いものです…


セットリスト


sbtmmdy.hatenablog.com


人気ブログランキング