読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

西川貴教のちょこっとナイトニッポン2/20 ライブの複数参加について 西川「これはこれで楽しかったりするんすよ?」

自分のふつおたメールが読まれるのは嬉しいというか、恥ずかしいというか…


「こんばんわ。」



「先週からお知らせした通り、ちょこナイは昨日の台湾でライブをやってきた西川ちゃんの台湾みやげのプレゼント。ということでございまして。」



「何が当たるかわかりませんが、エンディングで発表する5つのキーワードを全て書いて、メールで応募してきてください。」



「ほいじゃあ。今夜はこのコーナーをお送りしましょう。」



「ふつうのおたよりー!」

ふつおた


「西川ちゃんの身の回りで起きました。ふつうのおたより…おおう…w 身の回りで起きてないかw」


(フリートークの原稿の流れと間違えた様子。)



「プレーンなメールやハガキを紹介していくコーナーでございまーすw」



「紹介しましょうー」



「これは…横浜市緑区。シーブックたけのり。」



「『西川ちゃん、去年からのR20ツアー。お疲れ様でした。』」


「『ぼくは西川ちゃんのファンになってから20年。ライブに足を運ぶようになってからは17年。』」


「『ほぼ毎年行われるツアーは1公演参加出来れば満足といったスタンスでしたが、
一昨年のツアーからは何がきっかけかわからないのですが…』」



「『高校まで地味だった人が大学に行って派手な遊びを覚えクラブに入り浸るかのように参加する数が増えてしまい…』」



「そうだねえ…!お前。多かったねえ。なんか前回のツアーね?」



「『去年、そしてお正月の武道館も含めて、自分史上最高の11本のライブに参加してしまいました。



「『おかげで去年は年中金欠という状態で「西川ちゃんが立ち上げた会社に入れてもらって、
そこで働いた給料が半分チケット代として持ってかれるシステム構築してくれないかなー」と思う程でした。』」



「『楽しかったし後悔はしてないのですが、お金大事ですね。』」



「『今年もゼップツアーやさいたまスーパーアリーナでのライブ等、活動の1つ、1つを楽しみにしています。』」



「あらー…もう…」



「や。でもねー。普通の人からしてみたらですよ?同じツアーの。1つのツアーで言えばね?」



「あのー…ようは似たような感じの曲。例えばアルバム抱えてのツアーとか。」



「そんな何回も行く必要あんの?とか言う人もいる…とは思うんですよ。」



「いや…ボクも。あの…おっしゃってることはわかるんです。」

スポンサーリンク


「映画なんかとかもね。そうですけれども。」



「見る人によって、1回見たら、別にそんなに…って方もいらっしゃったりとかするかもしれないですけど。」



「やっぱこうね?あの〜…映画とかはそれはそれで好きだから何度も見るとか。」



「劇場のあの雰囲気で見るから楽しいとか。あったりするかと思いますけども。」



「ライブはこう…例えば…ね?新潟でやって。で、またそれがこう…長崎とか。」



「また全然違う地方でやるとですね。また、こう…来て下さる方も違うので。」



「あの…こう…ノリ方がちょっと違ったりとか。また盛り上がり方とか、雰囲気が、こう…違ったりとか。ね?」



「こっち側もやっぱり…こう…もちろん…楽曲はもちろんなんですけど…」



「間、間の、例えばセッション的な部分とか。ちょこちょこあったりするところの内容が変わってたりとか。」



「みたいなことも。ままあったりとか。」



「あと、何ならこう…前回のツアーは8ヶ月ぐらいツアーやってますから。」



「内容をちょこちょこ、折に触れて変えたりとか。する部分もあったりすると。結構ね。」



「どこも違った楽しさがあったりとかするんで。なかなかご理解頂けないかと思いますけども…」



「これはこれで楽しかったりするんすよ?気に入ってるツアーとかね。何度もやっぱり行ってみたいもんね?」



「ね?やっぱこう…ボクの場合だと国内とかのツアーが多くなっちゃいますけど。」



「海外のアーティストなんかだとね。例えば国が変わったりとかすると、これもまた格段に違って来るだろうしね。」



「そういうの見てみたいなーと思ったりとかしますよ。」



「例えば海外行った時に人のライブとか。」



「…まあ、ほら。日にちが合ったりとかしないとね?難しかったりはしますけども。」



「見に行ったりとかしますよ。ボクも。」



「良いモンですよ。ああいうのって。」



「アレはアレで。」



(エンディングはキーワードの発表のみだったので割愛しました。)

西川さんもおっしゃってる通り、地方によって雰囲気の違いもありますし、
会場の作りが同じではないですから、音の響き方、聞こえ方の違いもあって、
そういうのが楽しかったりしますね。


MCもその地方、地方によって都度違いますし。


あとは同じものをもう1度味わいたい…!ってなってツアーの参加数が増えてしまったり。


西川さんは映画に例えていますが、
アニメでもマンガでもゲームでもなんでもこういうことって皆、同じなんじゃないのかなって思ったりします。
楽しいものは何度繰り返しても楽しいなーと。