読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

西川貴教のちょこっとナイトニッポン5/2 西川貴教が地元である滋賀・野洲に帰ったワケその1

4月22日の西川さんのツイッターを覚えてる方はいらっしゃるでしょうか?
西川さんはこんなツイートとインスタへの画像をアップしていましたよね。

西川さんのツイッター



www.instagram.com



なぜ野洲に行ったのか?仕事?プライベート?
と、ファンやヲタの方々の間で少しザワついたような気がしますけども、その真相についてちょこナイで語っていました。
結構な長編になっていて、今日はその第1回です。

「こんばんわ。」



「ナイター中継の関係で実際問題、これがいつ頃、流れているのかまったくわからないワケでございますが…」


「時期的にはさいたまスーパーアリーナの直前ぐらいでしょうか?いや…2週間を切ったかな?どうでしょうか?ちゃん西でございます〜」



「そうなんですね。火曜から金曜の毎日、ナイター中継の延長しなかった日にそこはかとなくお送りしているこの番組、今夜はこのコーナーをお送りしましょう!」



「フリートーーク!」


フリートーク

「えー、西川ちゃんに起きた身の回りの出来事を10日程の余裕を持って、お届け出来ている…w まあそうですねw」


石川「ふふふw」



「ヤマトやw そうですねw 佐川なんかよりも優しい…w 物流に優しいコーナーになっておりますw」



「いつでもいいよ!と。受けとる側の問題はもう気にしないよとw」



石川「ははw」



「うんw いついつとか。もうそういうの気にしない!ホントにw」



「皆が受け取ってくれる時。そういうタイミングで良いよという感じでございます。」



「え〜…4月はイベント事が少ない月だったりとかしたのかな?ま。そういうこともあったりとかしてたので。」



「ちょっとだけ余裕が…ま。出来たかな?みたいなこともあって。」



「で。スケジュール見てたら、急になんか、2日くらいポカーと空いた日が見つかったりとかしてたので。」



「で。思いついて。実家に帰って。はい。」



「ちょうど、あのNHKでやらせて頂いてる朝のね?おかあさんといっしょでやらせて頂いてるスキッパーさんのぬいぐるみが出来たんですよ。」



石川「ふふふww」



「おしゃべりするぬいぐるみっていうのがw」



「ま。せっかくだし。実家帰るべかなと思って。」



石川「忙しい…」



「そうそうそう。その前日の夜に妹と電話して。」



「ほんじゃもう。普通に帰るわっつって。」



「どうすんの?って言うから。どうもしないよ?つって。」



「普通に新幹線で。帰って。」



石川「1人?」



「1人。1人。で。」



石川「ほ〜…」



「いや、だから、もう、妹とか家族は戦々恐々ですよw」



石川「ふははwww」



「帰れんの?みたいなw」



「帰れるよw 大人なんだからみたいなw]



石川「はははwww」



「新幹線乗ってるしw そんなだって、珍しいことじゃないでしょ?つってw」



「乗れるよそんなのw 切符買えんの?って。」



石川「買えんの?」



「買えるよそんなのw みどりの窓口行けば良いんでしょ?つって。」



「で。時間ちゃんと覚えて。」



「ボク、ちゃんと覚えてましたから。こう…駅までのタクシーで行く時間とか。」



「あんまりね?ホームで待つのも変だしみたいなのもあったりとかしてたから。」



「(時間を)逆算してと思って。」



「で。タクシー乗って。(掛かる時間は)どれぐらいですか〜?なんつって。」



「ま。今だったら〜そうですね〜20分か〜ま、それぐらいですかね〜みたいな。」



「あ。そうですか〜って。のんびりしてて。」



「一応、チケット。何分だったかなあ?つって、ペラッと見たら…まあ、あと2分ぐらいなんですよ…w」



石川「ぬははwwwww」



「あははwww」



「あれっ?っと思ってw 到着時間の方を見てたんですねw」



「妹にだから、何時に京都駅に着くんだみたいな話してたから。」



「その時間はすっごい頭に入ってたんで、その出発時間と到着時間がごっちゃになっててw」



「もう全然、間に合わねえ…www はっはっはw」



石川「ふははwww」



「で。まあ着いて。で。もうしょげてw」

スポンサーリンク


石川「むははwwwww」



「ぐふふwww 速攻w タクシーで次のね?新幹線の時間見てw ああ。何分後だみたいになってる。」



「だから、まあ。普通に乗りますよw」



「まあ。乗って。その一応。まあ、ほら、席変わっちゃうかもしれないからと思って。」



「だから、チケットもいろいろ取り直さないといけないのかな?つって。思って。」



「みどりの窓口行って。並んで。で、今、もう自販で買えるじゃないですか?新幹線のチケットも。」



「なんなら。それこそ、こう、指定もグリーンも。」



「でも。やっぱ。ほら。これをどうするか?この、もう、チケット。ゼロからスタートだったら買えれば良いけど。」



「なんせその1回チケット持ってるもんだから。台無しにするのもったいないしと思って。」



「どうしたもんかな?と思って。」



「一応、窓口のところに並んだんですけど。もう窓口に並んでる人はほぼほぼ外国人ですね。」



「うん。」



「で。もう1個、1個が長い!」



石川「ふふふw」



「ほら。もう。やっぱ、こうさ?オー、アイ、ゴートゥ、ヤマグチステーション?wだとかw なんかもうさ〜と思ってw 」



「で。やっとの思いで並んで。あ。やっと順番が来たと思って。チケット出して。」



「すいません。あの〜えっと、乗変というか。あの。次のに乗りたいんですけども…」



「『お客様。グリーンで取られているので、乗車して頂いて、車内の方で、あの〜乗務員の方に言って頂いて。空いてる席の方に乗れる形になりますよ。』」



「そうなの?…w]



石川「ふふふw」



「あ。もう。これからもずっとグリーンにしまーすってw」



石川「ふはははwww」



「っふっふふw 言ってw そうですか〜w って言われてw]



「で。まあ。乗ってw」



「で。まあ。席ないからさ?一応。」



「だから、こう…あの…ね?1番、8(両目)ぐらいにね?乗務員の方がいらっしゃる…」



石川「スペース?」



「半分、顔を出してらっしゃる。」



石川「んははっwww」



「その辺りだったな〜と思って。入って。」




「すぐそこ行って。」



「すいません。ちょっと席ないか、ちょっと見て頂いていいですか?つって。」



「じゃあ。何番空いてますんで。どうぞ〜って言われて。」



「で。まあ。座って…」



「これだけで今日終わり?w」



石川「はははっw」



「まだ着いてもいないのにw 京都w」



石川「出発してねえw」



「まだw まだ全然都内ですねw」



石川「ははっw」



「すいませんw」


エンディング

「さあ。メールを。これはシオンちゃんですね。千代田区。」



「『ニッポン放送に潜り込み、ネットニュース用の番組記事を書いているシオンちゃんです。』」



「『先日、オールナイトニッポンGOLDお疲れ様でした。』」



「『そして、番組記事を作成するため、終始、スタジオにいさせて貰い、高橋まことに…』たははぁwwwなんだよ!w 『高橋まことにありがとうございました。』 」



「『夢のような瞬間に立ち会えたおかげで、バッチリ記事が書けました。』」



「『ホントはもっといろんな裏話も書きたいところでしたが、一般の人に幅広く紹介出来る記事ということで、可も無く、不可も無い、ホフデュランみたいな記事でした。』っw]



「『是非読んで貰えたら…』読みましたよ!w 読みましたよ!ちゃんとw]



「アップされた瞬間に読みましたよ。ちゃんと。」



「という訳で今夜はこの辺で。


シオンさんが書いた記事はこちら。
T.M.Revolution 西川貴教が4年ぶりのオールナイトニッポンで大騒ぎ!「何も中身のあること話してない(笑)!」 | オールナイトニッポン.com ラジオAM1242+FM93


指定席券は乗れなかった場合、その後は後続の列車の指定席券を買い直すか、自由席に乗るって選択肢になりますけど、
グリーン車だと、後続の列車に空きがあった場合には乗れるんですね。知らなかったな〜


普段はマネージャーの方やスタッフの方が移動のスケジュールからチケットの手配をしてるでしょうし、
プライベートでは近距離や中距離を車移動が基本でしょうから、切符買って電車や新幹線に乗るなんてことはホントにないってのが伝わってくるトークですねw


1度、国内を電車やバスを使って1人旅する西川さんのドキュメンタリーを見てみたいなーと思ってしまいました。