ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

柴菰キャス9/17 西川貴教は日本の財産? T.M.Rサポートメンバーの深イイ話まとめ

17日深夜に行われたT.M.Revolutionのサポートメンバーである柴崎さんと菰口さんのユニット、柴菰によるツイキャス。



スペシャルゲストを迎えて、とツイートに書かれていますが、ゲストに登場したのはこれまたサポートメンバーの大島さん。


柴菰のキャスということで、柴崎さん、菰口さんの仕事やプライベートの話、ゲストの大島さんへの質問を中心にトークが展開されていったのですが、やはり避けては通れない西川さんの話…w ポロポロとしておりました。
質問も西川さんに関する物が多かったのも要因ですかね。


見ていて気になったのをメモして、ツイートしたのをまとめてみました。


f:id:sbtmmdy:20170510091809j:plain


西川さんの第一印象


リスナーの方から西川さんの第一印象は?と聞かれた3人。







誕生日に体毛を剃られたのは悪ふざけやその場のノリでみたいな話だった記憶が。
西川さんが大島さんと出会うきっかけの話は以前、イエノミかゲスノミでも西川さんもしていましたね。
「アイドルの曲とか聞かないと思うでしょ?BON-BON BLANCOの聞いてたら、サンバっぽいのがイイな…こういうの欲しいな…誰がやってんの?大島さん?柴崎さん知ってるよね?紹介してくんない?」ってな感じで話をしていたような。



西川貴教の好きなところ


西川さんの好きなとこは?という質問。




総括コメント


ゲストに大島さん。途中、ドラムの山崎さんも加わり、約3時間、4人で楽しそうにツイキャスを配信していたのですが、
そろそろお開きにしようということになり、大島さんが去年のR20ツアーから今年のイナズマまでの総括をしようと提案。
4人、それぞれがサポートメンバーの方々やお客さん、西川さんへの想いを語っています。





スポンサーリンク






その他、覚えていること。




「見てきた世代」だから、先輩、後輩としてどう距離を詰めていいかわからないといった話し方だったですかね。



心のATフィールド、バリアが凄い人は?という質問に対して。
ドラムの山崎さんはミステリアス担当とも。



3人でぼくらもよく演奏を間違えるとと書いていますが、菰口さんが話をしてたかもしれません。曖昧。



後、覚えてるのは…


・R20の和楽器演奏パートはいくつかアイディアがあったものの、
震災でツアーのセットや演出を変えるのに合わせて、あの形になった。


・WANDS時代、大島さんはよく仕事のことがきっかけで、柴崎さんを怒っていた。しかし、大島さんはそのことを覚えてないw


・柴崎さんは滅多に怒らない。怒ると西川さんもびっくりする。(みたいな話をしてた記憶が…


・vestige-ヴェスティージ-での山崎さんのドラムが素晴らしいと大島さん絶賛。


・メンバー同士、本当に仲が良い。ツアーが終わって別れるのが寂しく感じる。


・菰口さんの良いところは最初「無い!」と言いながら、「厚かましいところ(良い意味で遠慮しない)」と、大島さん。


・菰口さんのT.M.Rの楽曲のアレンジは良いと大島さん称賛。


・山崎さんをゲストに誘うことにした菰口さん。連絡すると「ピーターマン見てた」という謎の返信。


・ゲストに来て、ピーターマンはピーターパンと間違えたという釈明後、初めて、ピーターパンの映画を見たと語る山崎さん。


・プライベートなことは「ミッフィーちゃんで。」とNGの山崎さん。


・ただ家にはテレビが無い、ネット配信などで海外ドラマを見てるなど断片的なことは語ってくれた山崎さん。


・海外ドラマは大島さんも見ていて、ウォーキングデッドが面白いと。


・アマゾンプライム面白いと菰口さん。


・大島さんはイナズマで滞在中、雄琴温泉に行っていた。どういうところかはググりましょう!


・途中、コメント欄にIKUOさんやトレーナーの中島さん登場。中島さんのコメントだけなぜかあまり拾わないw


・IKUOさんの謙虚さ、演奏者として貪欲に吸収しようとする姿勢、センスをベタ褒めする3人。菰口さんだった気がしますが「大好き」とも。



こんなところかな。
一語一句しっかりメモしたワケではないので、なんとなくこんなこと言ってたんだ〜ぐらいに受け止めてもらえたら。
皆さん、楽しそうで、大島さんが「楽屋はいつもこんな感じなんだよw」と言いながら、終始、ゲラゲラ笑ってたのが印象的でした。
大島さんは「ツイキャス良いね。」言っていたから、また次回、柴菰のキャスがあればゲストに登場するかもしれませんね。


人気ブログランキング