ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

繋がりから見えたそれぞれの西川観

ミュージックマンのANNGやるぞ!効果でしょうか。昔の知り合いとか友達から連絡が増えました。
んで、その連絡をくれた人の中でも特に自分と見方が似てる女の子がいるんですよ。
久しぶりにオールナイトやるね!ってな感じで連絡が来て、西川がこーでさーみたいな話をしたんです。


ぼく「TMの新曲は買った?」


おんなのこ「買ってない。買い方もわかんないし・・・あたし、激しいイケイケの曲が好きなんだよね。」


ぼ「そか。えびすはどう?From Dusk Till Dawnなんて好きそうじゃない?」


お「好きー」


ほうほう。
激しい曲が好きって言ったのにねw


心理テストのようですが、この子は今、どう西川を見てるのか、なんとなくですけどわかったような気がしました。
この子、ぼくとあまり年齢が変わらないのですが、小学生辺り、剣心前後からハマった世代です。
ポップでノセる西川というものが刷り込まれてる。根底は多分、これで固まってるでしょう。
ただ、徐々に西川貴教というものをさらけ出す過程を見ています。
だから、西川貴教という人間を主軸として見るようになって好きになってる。
本人のキャラクターや生生しさはオッケー!と。


全盛期から-eになってく過程で離れた人に多いと思いますが、
T.M.Revolutionという幻想を楽しめなくなって、
西川という人が見えてきた時に何も感じなかったんでしょう。
また浅倉さんの作り出す世界に酔いたかったのに!みたいな。
わかりそうでわからないあやふやな嘘というか。
それが楽しめた時代だった気もします。
ここからが大きな分かれ目だったと思う。


今はとにかくどちらも生々しい。
ど直球ですよね。
明確な違いを探すとすれば、a.b.sはほぼ等身大の本音を言う西川さんがいる。
TMはわかった上で楽しい嘘を言うお兄さんを演じている。
ぼくから見るとこんな感じ。


本音が好きか、嘘が好きかでどっちのファンかある程度見分けが付くかもしれませんね。
例えば夢見がちやロマンチストな人がTMが好きとかw
あくまで、例えですよ?例え?
でも、女友達でメルヘンな女の子っぽい子は割とTM寄りだった気がするな・・・w
嘘はある意味、弱さだから母性本能をくすぐると思うしw
ほっさんとけない!みたいなところ見えますもんね。
西川は男である訳だから、同性よりも異性を取り込む武器として、そういう要素は大きいし、わかってるんじゃないでしょうかw
お前にだけだよ?言うのは・・みたいのに弱いでしょう?(モテない自分が言うと説得力がない。)


a.b.sだと本音の上で西川さんの弱さが見えるから、西川という人を受け入れてる人、精神的に余裕がある人が好きな感じがする。
多分、西川ファン暦は長い人が多いでしょうw
それと男としてはなんだ!俺と変わらないかも!ってのはa.b.sの方が思いやすいはず。
入りやすい入り口として。
男の比率がなんとなくTMより高いというのもわかる。


男は同性ですからね。入りやすいポイントとしては同性として何を感じるかってことになると思う。
セクシャルな部分やアニメ的な価値観でTMを見て入った人もいるとは思うけど、
当時のマイノリティな感じと言ったら無かったからなw


T.Mもa.b.sどっちも好きって人だとある意味ドライで家族的な感じで西川を見てる。
ぼくはそうなんですけどもw
西川という遊園地が好きでa.b.sもTMもアトラクションとして楽しんでる。
ただ、すんごい好きなんだけど、周りが好きーって言ってると引いてしまうw
いやいや、そんなに凄くないからって感じでw


大まかですけど、こんな感じかなー
分析って訳じゃないけど、長いことファンやってて、そんな風に思うなってことをつらつらと書いてみました。
電話くれた子からヒント頂いたようなお題だったので感謝しとこw
ありがとうー


ライブのアンケートの項目に心理テストみたいな感じでファンのバックボーンが見えるような項目を増やしたら、
販売戦略の役に立つんじゃないかと少し思ったw
今でも十分調べてるんでしょうけどね。



【スポンサーリンク】



人気ブログランキング