ちゃん西ニュース

T.M.R・a.b.s・西川貴教さんのニュースを拾ったりまとめたり、ライブやテレビ・ラジオの感想・レポートを書いたりしてる個人ブログです。

MENU
スポンサーリンク

イナズマロックフェス2016 1日目 T.M.Revolution ライブレポート(若干R20ツアーのネタバレアリ)

f:id:sbtmmdy:20160920233652j:plain


行って帰ってまいりました。
ということで、1日目のレポをしたいと思います。
諸事情で後半部分はしっかり確認出来なかったところもありますが、
そこまでお付き合い頂ければ…w


レポート

すっかり陽も落ちて、辺りが真っ暗になった会場。
時刻は18時50分。



ステージ上に突如現れた和太鼓。
そしてその和太鼓の前に男女の集団が立って演奏を始めます。
会場上に響く和太鼓の音。音。音。



演奏が数分続いたところへ、西川さん達が登場し、
西川さん達もそのパフォーマンスに加わります。



R20ツアーの後半のコーナーでこのパフォーマンスと同様のものがありますが、
このイナズマのステージ用にバージョンアップしたような形にして持ってきたんでしょうかね?
ファンやヲタ以外の人には「TMってこんなこともするのかー」という良いジャブになったなーと思ったりしました。



パフォーマンスが終わり、上下白黒のゼブラ柄のスーツのような衣装を着た西川さんが「しゃあ!始めぞー!」とシャウトすると、
耳馴染みのあるギターの音が鳴り響きます。
「檀家向け」「和太鼓の演奏」ということで、もしかしたらと思っていたのですが、
1曲目はNaked arms。



うおーん。ちゃん西先生。
ファンやヲタ以外の人にまったく媚びる気ゼロのボールブン投げてきたよ!
と、顔は少しニヤケつつも、心の中は少しびっくりしていました。



「檀家向け」というからには懐かしのあの曲とか、もしかしたらファンやヲタ以外にも馴染みのあるこんな曲…なんて思ったりしていたのに、
「もうあんた達、最初から暴れなさいよ!」と言わんばかりのこのチョイス。
おまけにサビで「歌え!」との要求。
檀家向け…檀家向けですよ…これは…イナズマロックフェスにツアーの濃い部分を持ってきたよ…西川さん。



要求にしっかり応え、歌うファンやヲタ。
それを受けて「サイコー!」と西川さん満面の笑顔。
しかもただの笑顔じゃなくて、破壊力のある笑顔。
笑顔で人を殺せると思う程の笑顔です。



「さあ!始めようか?イナズマ!」


「サイコーの場所、サイコーの天気、サイコーのお前ら。これ以上、何がいる!」

あとはサイコーの西川さんがいるので問題ないっすねと思っていると、
2曲目、SWORD SUMMITのイントロが。
うん。もうアクセルがすでに壊れてますね。西川さんが車なら。


歌の入りの歌詞を少し間違えつつも、
「飛べよ!」とジャンプの要求。ええ。飛びますとも。
西川さんはゲームのプレイヤーなら我々はマリオのようなものですしね。
その関係が良いんです。


「どこにも行かねえんだよ!」



「歌う場所はここしかねえんだよ!」



「行けよ!イナズマ!」

シャウトする。シャウトする。西川さん。



何度も「行けよ!」とシャウトします。超笑顔で。


それに応えて、客席は揺れます。



「なんつー!サイコー!」



「こんな景色、今年見たことねえぞ!」


ファンやヲタだけでなく、雰囲気に飲まれていつの間にかノッている方々もいる訳で。
大勢の人達が自分の地元で自分の音楽にノっている。
そりゃもうツアーなどでは見れない景色でしょうし。


でも、まだまだと思ったのか西川さんはコールを求めます。
シャウトするお客さん達。
しかし、思ったよりもレスポンスがないことに「オレ1人に負けたらあかんやろ?」
と、声量オバケからのツッコミ。
いや、あなたが凄過ぎるんすよ…と思いつつも、もう1度シャウトするお客さん達。



「サイコー!」

お褒めの言葉を頂きました。



「…だからこそ、8周年目のイナズマ…作ろう!」

3曲目。Count ZERO。



もう突っ走り続けますか。西川さん…
というか、もう完全にツアーじゃないですか。このセトリは。



ツアーではなんとなくですが、この曲はステージと客席の一体感生む曲だと思っていて、
この会場ではどうなんだろう?と思いながら、見ていると、
西川さんのサビの前の「行こか?」というフリからのサビに入って、ドカンと爆発して一体感が生まれた気がしたので、巻き込んだよ!いろんな人達と一体感生まれたよ!と少ししみじみしてしまいました。



ラストのサビ辺りで「いいね!」と西川さんも手応えを感じた様子。
曲終わり、キーボードの大島さんの方を向いて、腕を振り上げ、笑顔。



「1年ぶりにこのイナズマに…ここに集まった全員で帰ってきたぞー!」


「台風16号が日本に近付いてきてる中、昨晩、降水確率60%。今日の朝の降水確率10%…18日には関西直撃かと思われた台風。ただいま北上中とのこと!…」



「これは何かわかりますか?想いの強さやろ?」



「皆の想いの強さで作ったものやろ!?全員の力やろ!」



スポンサーリンク



太陽神だの風神だの言われたりしていますが…
今日、何事もなくライブが出来ているのは自分だけではない全員の想いが実ったからということでしょうかね。


「この日をメチャメチャ楽しみにしてました。」



「これがあったから、楽しみにしてたと言っても過言じゃないです。」



「(汗で)男も女もテッカテカ。メチャクチャカッコええ!」



「誰のためじゃなく、この目の前にいる人のためにやってきた。それがイナズマロックフェスなんです!」



「それがオレ達のイナズマ!」


4曲目。UTAGE。


「出せるか!イナズマ!」
休ませてくれる気配はない。でも、仕方無い。
ステージも客席もテンションは下がることなく、むしろ上がる一方。
激しくアレンジされたこの曲に振り落とされることなく、
食いついていく客席を見て、西川さんは「何これ?サイコー!」
と、何度もサイコーを連呼。



5曲目のFLAGSに入っても、勢いは止まらず。
どこへ。どこへ向かうんでしょう。我々は。
旗手である西川さんはどこへ連れてってくれるのか。



そう思っているところへ、このMC。



「2016年。イナズマロックフェス。T.M.Revolution。最後の曲になってしまいました。」


「…こんなにピンピンしてるやんか!オレもお前もな?」


「さあ?どうするよ?どうするよ?イナズマぁ!」

煽る煽る西川さん。


「ダラダラやってもしょーがない…」


「一発、どてっぱらにブチかますぞ!」

6曲目。DOUBLE-DEAL。
もう完全に倒しに掛かって来てるよ。西川さん。



「行こか!」


「さあ!最後に叫ぼう!イナズマ!」


「今日はサイコー!イナズマ!」

ここまで全開でぶつかって来てくれてるので、ぼくも嬉しいっす…西川さん。
しかし、ちょっとこの後用事があるので抜けますよ…
ということで、移動を始めます。


アンコールの気配を感じ、残りもバッチリ拝みたかったなーと思いつつ、

「サイコー!」


「ホンマにホンマに嬉しい。この日のために…ありがとうございます!」


この言葉を聞いて、満足。
しつつ、有料エリアの入り口へ差し掛かると…聴こえてきたのは…


7曲目。RAIMEI。


やっぱり持ってきますか。この曲を。
フリーエリアの方でも曲はバッチリと聴こえていて、
西川さんの声のデカさに感心していると、今度は覚えのある女の子達と西川さんがワチャワチャしている声が聴こえてきます。
ももクロちゃんですか。



8曲目はINVOKE。ももいろクローバーZとコラボ。
今回のメンツでコラボがあるとすれば、ももクロかな?と思っていたので、
やはり!と。
み、見たかった。



用事の時間を確認し、シャトルバス乗り場へ移動すると、
もう体にも耳にも、じっとり染み付いて離れないT.M.Rの大名曲のイントロが。
9曲目。
HEART OF SWORD 〜夜明け前〜。



締めはLakersかも?と思っていましたけど、
夜明け前は納得。


ステージ上では何やら騒がしい感じになっているのが聴こえるものの、
バス乗り場まで来ると、話をしている内容まではわからない…
仕方ないよなーと思いながら、
西川さんが何度も何度も「サイコー!」とシャウトし、
キラッキラッした笑顔を振り撒いてる光景が浮かんできて、
「これが見れただけで大満足。☆3つです。」と心の中の境正章さんが叫ぶのを確認しながら、
シャトルバスに乗り込み、会場をあとにしました。



参加された皆様、お疲れ様でした!



PS.


終了の花火が上がると道路状況によってバスのスピード緩めてくれたり、
止めてくれたりするんですかね?
帰りのバスでじっくり花火が見れたので、もしそうなら運転手さんありがとうございました。


人気ブログランキング